リスニングを上達させる方法|効果的な勉強法と成果を出すポイント

2020年3月6日(金)

リスニングを上達させる方法|効果的な勉強法と成果を出すポイント

英語が苦手な人はもとより、たとえ上級者であってもネイティブが日常でスピーディに話す英語を瞬時に理解するのはなかなか難しいものです。ネイティブ英語をそのまま理解したいけれどうまくいかないという悩みをもつ人は、効果を出すコツを踏まえたトレーニングがおすすめです。最初はなかなか慣れないかもしれませんが、まずはどうして聞き取り力がアップしないのか、原因を知ったうえで勉強方法のプロセスを理解しましょう。ここでは、英語の聞き取り力がアップする具体的な英会話の学習方法をご紹介します。

リスニングがなかなか上達しない主な理由

それではまず、聞き取りがなかなかうまくならないのはなぜなのか、その原因を探ってみましょう。

英文のレベルが合っていない

英会話の聞き取り練習として英語のニュースを聞いたりスポーツ解説を聞いたりする学習方法もありますが、場合によってはあまり効果的ではないこともあります。というのも、上級者ならまだしも自分にとってレベルの高すぎる英文を聞くと、瞬時に英語の意味を理解することが難しくなってしまうからです。

慣れてくると知らない単語が出てきても文脈から意味をイメージできるようになりますが、ボキャブラリーが足りない状態で難しいネイティブのナチュラルスピーキングを聞くのはおすすめできません。英文に含まれる単語のほとんどを知らない場合や基本的な文法・構文がまだ習得できていない場合、英語を文章としてではなく単なる音源としてしか認識できなくなってしまうでしょう。

教材の音声が速すぎる

ネイティブが普段話す英会話のスピードはとても速いです。日本人同士がおしゃべりするときのことを考えればわかりますが、とてもアップテンポな相手との掛け合いになっているのが普通でしょう。聞き取りのレッスンとして英語の映画や動画を字幕なしで観るというものがありますが、一見簡単で効果抜群の方法に見えるものの、実はそうでもない場合が少なくありません。

英会話教材として提供されている音源は、日本人にも聞き取りやすいようかなり丁寧にゆっくりとした速さに設定されています。中級者や上級者向けになるとかなりスピードも速くなってきますが、自分が聞き取れるスピードに設定されていない素材を聞いても、聞き取りの効果的なレッスンにはなりません。前述のとおり内容が難しいものも向きませんが、たとえやさしい内容でもスピードは重要だということです。

英単語の正しい音を習得できていない

テキスト中心の学習方法でありがちなのが、たくさんの英単語を知っているのに、音読がほとんど把握できていないというケースです。英単語をスペルと意味とで知ることも大切ですが、聞き取り練習のためには発音で知ることも重要です。文字だけを暗記するのではなく、実際に耳で聞いて発音に慣れましょう。特に日本人にはちょっと聞き取りにくい音も多く含まれますので、知識ではなく耳の感覚を鍛えることも大切です。

日本語に訳しながら聞いている

ネイティブスピーキングについていけない原因のひとつに、聞き取った英語をいったん頭の中で日本語に訳してから理解するプロセスを踏む人がいます。このプロセスを踏んでいるとかなり時間がかかりますので、適切な内容とスピードの教材であっても、音声に追い付けず途中でどのような内容かがわからなくなるでしょう。克服するには、英語を英語のまま理解する癖を付ける必要があります。

ただ聞き流している

耳を鍛えるためにはたくさんの英語を聞くことが重要だというのは確かですが、単に音楽のように聞き流しているだけでは、実力は鍛えられません。英語の音やリズムに慣れるだけなら効果はありますが、理解するにはやはり意味が頭にちゃんと入ってくることが大切です。子どもは聞いているだけで言葉を理解すると考えがちですが、子どもの知的好奇心や向上心、学習能力を甘くみてはいけません。自分からたくさんのことを知ろうと、貪欲に耳を傾けなければなりません。

リスニングを上達に導く勉強法

どうして聞き取りがうまくならないのか、原因さえわかればあとは課題をクリアするだけです。どのような教材でどのように学習すれば良いか解説します。

リスニング教材で訓練する

前述のとおり、適切な難易度とスピードの教材を用意し、音声を聞き取りなら自分の理解が合っているかをスクリプトで確認する勉強方法がおすすめです。まず教材を聞いてから設問を解き、ポイントを理解できているか部分的にチェックすると良いでしょう。ただ、あくまでも聞き取りのレッスンですから、まずはじっくり精聴することが大切です。耳で正確に英語を追えるように精聴したら、多聴して耳を慣らしましょう。最初はすべての単語を聞き取れなくても良いので、全体の意味をイメージできるように何度も聞くのがコツです。

ディクテーションをする

ディクテーションというのは、英文の音声を流し、区切りの良い箇所で止めて、聞き取った内容を英文で一字一句書き取りをする学習方法です。聞こえた英文をすべて書き取り、終了後にスクリプトと照合してチェックします。ディクテーションでは全体の要旨が掴めていれば良いわけではなく、冠詞やスペルも含めて細かい点まですべて書き取れているかを確認しましょう。英単語は発音するときに2つ3つの単語がつながるリエゾンがありますので、わからない部分はカタカナで書いておいて、自分が聞き取れていない英単語を集中的に勉強するのも良い方法です。

シャドーイングをする

自分で話せるようになると聞き取れるようになりますので、スピーキングとは対でレッスンするのが効果的です。そこでおすすめなのがシャドーイングで、聞こえてくる音声を真似て、自分も続いて声に出す練習を実践しましょう。ちゃんと聞こえているつもりでも、曖昧だと自分で発音することができません。正確な聞き取りができてはじめて話せるようになりますので、耳も口も鍛えることができます。

アプリを活用する

最近は聞き取り学習用のアプリがたくさん登場していますので、それをうまく活用するのもおすすめです。常に英語に触れていることが重要なので、毎日ちょっとでも空いた時間にアプリを使い、効率的に練習をしましょう。音声は日常会話からニュース、プレゼンテーションなど多様な素材がありますし、TOEICの聞き取り対策用のアプリもありますので、試験で高得点を狙っている人にもピッタリです。

スラッシュリーディングをする

英語を日本語変換してから理解しているとスピードが追いつかないと先にも触れましたが、スラッシュリーディングをすると英語を英語のままで理解できる訓練になります。スラッシュリーディングは、意味のつながりごとにスラッシュで区分けして理解する勉強法で、入れるのは動詞の後、前置詞や動名詞の前、不定詞の前です。例えば、I guess you already heard the news from her.という英文なら、I guess/ you already heard the news/ from her.となります。文章で見ればわかりやすいのですが、I guess youの部分は「アイ ゲス ユー」とは聞こえず「アイゲシュー」に変化して聞こえるので、きちんと区分できるかどうかでレベルが飛躍的に変わるでしょう。

英会話スクールに通う

どうしても独学では英会話の学習に限界を感じることはあります。そんなタイミングになったら、英会話スクールで講師や仲間と実際に会話を実践しながら、実力の向上に努めるのが近道です。やはりネイティブスピーカー講師がいるスクールがおすすめで、生きた英語を学ぶには最適の場です。一切日本語を使わず短期集中型で学べるスクールもありますので、毎日英語に全身浸かってしっかり実力を養いましょう。

リスニングを上達させるためのポイント

最後に、聞き取りの実力を付けるコツをご紹介します。正しいレッスンを続けていれば成果に大きな違いが現れますので、ぜひ正しい知識を持って目標に臨みましょう。

レベルに合った教材を活用する

先にも触れましたが、自分のレベルに合うものから始めるのが一番のポイントです。初心者は中学生レベルの教材がベストですので、聞きやすいところからスタートしましょう。自分のレベルがわからない場合は、TOEICや英検、Web上で無料公開されているテストなどを活用してチェックすることもできます。TOEICや英検は、狙うレベルに応じた教材が販売されていますので、しっかりステップを踏んでトレーニングするのが近道です。聞き取れるようになってきたら、どんどん教材のレベルを上げていきましょう。

英語の音に慣れる

洋画や海外ドラマなどで英語や音のリズムを掴むのは良いことです。耳を慣らすためだけなら、たと全部を聞き取れなくても動画などでネイティブスピーカーが話す自然な英語を聞くのも良いでしょう。何より飽きずに学習を続けやすいので、楽しくレッスンするコツでもあります。

リスニングと並行して英語の基礎力も強化する

言語を習得するには、やはりたくさんの言葉を知って、文法も覚えることは大切です。語彙力を付ける学習方法や文法の勉強も並行して行い、英語の基礎力をしっかり身に付けることも忘れないでください。英文の基礎知識が身に付けば、格段に理解度が上がり、学習も長続きします。音声付きの単語帳の活用も効果的です。

リエゾン(リンキング)、音の脱落に留意する

先ほども触れましたが、英単語は並びによって違う音に変化するリエゾン(リンキング)があります。並んだ英単語の終わりと初めの音が重なる発音ですが、子音と母音のリエゾン、子音同士・母音同士のリエゾンなどがあるのです。またリダクションという音声変化があり、音が脱落して聞こえる現象があります。たとえばitは「イッ」、goodは「グッ」と聞こえることが多く、語尾の「t」「d」「g」「h」などが省略され聞こえなくなることで意味が掴めなくなりがちなので、聞き慣れることが大切です。

関心のある分野の英語を聞く

先ほど映画や動画などを見ることでモチベーションを保つ方法を書きましたが、興味のある分野で情報収集も兼ねると英語学習が継続しやすいでしょう。英語でニュースを聞くメリットは、今まさに世界で起こっている時事用語を覚えられることですが、基本学習と並行して好きな分野の英語にも触れるのはとても良い方法です。たとえば大統領や社長の言葉、著名人のプレゼンなどを自分のビジネスに活用するのも良いですし、名スピーチは英文展開もしっかりしていて聞きやすいため、とてもためになります。まるで海外に暮らすように、日常に当たり前に英語が取り入れられるのは理想的な環境です。ぜひ興味をもって、貪欲に英文化も取り入れましょう。

聞き取り力向上には正しいテクニックと好奇心が必要

英語の聞き取り力を向上させるためには、適切な教材を用意し、初心者から中級者、上級者へとどんどんステップアップして行けるトレーニング法が一番です。何事も継続が大切ですので、効果的な学習方法を無理なく続けられる環境を整えましょう。また英語や英文化に興味を持ち、今まさに世界で起こっていることに触れ合う知的好奇心を持つことこそ、高いモチベーションにつながります。独学だけでなく、スクールをうまく活用して実践英語を身に付けるのもコツです。