ビジネス英語の勉強法|実践に強い英語力を身に付けるポイントとは?

2020年3月6日(金)

ビジネス英語の勉強法|実践に強い英語力を身に付けるポイントとは?

日本でも、ビジネスシーンで英語を求められる機会が格段に増えています。仕事で英語習得の必要性を感じたなら、ぜひ仕事に活かせる英会話をマスターしましょう。社会人はなかなか勉強時間を捻出するのが難しいですが、オンライン英会話なども登場していますし、効果的なレッスンを行えば着実にステップアップが図れます。ここでは、ビジネスシーンで使える言い回しや英語でのコミュニケーションの基礎となる英会話を理解するためのトレーニング法についてご紹介します。

ビジネス英語とは

ビジネスに使える英語を習得するメリットは、仕事においてネイティブとのミーティングやコミュニケーションによる相互理解を深められることです。ビジネスで使われる英語には、そもそもどのような特徴があるのでしょうか。

ビジネス英語の特徴

ビジネスの場で使われる英語は、フォーマルな表現であることが何よりも大きな特徴といえます。当然のことながら相手への礼儀を踏まえた言葉選びが重要ですし、日常会話ではあまり登場しない専門用語が多用されるのも特徴でしょう。たとえば会計やマーケティングに関する用語や業界用語など、一般的な英会話では使われない単語を覚える必要があります。

基礎となる英文法を理解していてもビジネスシーンを想定したレッスンを受けていないと、即座に伝えるべきことをアウトプットするのは困難です。また社会人として相手の立場を考慮し、断定的な会話は避け、遠回しな表現を使うケースが多々あります。

たとえば欧米人はYes,Noがはっきりしているからといって、真っ向から相手にNoを突き付けるのは大変失礼です。もちろんYes,Noの意志ははっきりしていますが、言葉にするときにはやんわり否定する社会性があるのは当然ですので、勘違いのないようにしましょう。

ビジネス英語と日常英会話の違い

礼儀面のほかには日常英会話と異なり、省略形や短縮形の表現を使わないという特徴があります。これは日本人社会で考えてもわかるように、仕事の席で友人とざっくばらんに話すような言葉遣いをしないのと同じことです。通常はフランクな表現が使われることが多いですが、ビジネスシーンではそれをきちんと脳内変換して正しく使う必要があります。

特に日常英会話でよく出てくる単語だと、つい無意識に砕けた表現を使ってしまう場合がありますが、きちんとビジネス用に変換することを忘れないようにしましょう。よくあるのが感謝するときの「Thanks.」ですが、これはビジネスの場では「I appreciate it.」になります。日本語で言えば、「ありがとう」から「恐れ入ります」に変換するようなイメージでしょう。相手に聞き返すときの「Sorry?」や「Excuse me?」は丁寧な言葉のように感じてしまいがちですが、実際には「Could you say that again?」などの表現に変える必要があります。

こうした英語独特のビジネス変換は、きちんとトレーニングをしなければなかなか習得できません。独学で上達しない場合は、基礎から習得することをおすすめします。

ビジネス英語の勉強法

ビジネスでスマートに英語を使えるようになるには、英文の基礎のほかにビジネスで使える言い回しをマスターするのが一番です。ここでは効果的な英語習得法を紹介します。

リーディング

リーディングは英語学習の基礎ですが、ビジネスで使うことを意識するなら英語のニュースを読むのがおすすめです。最近は英語学習向けのニュースサイトもありますので、そうしたものを活用しながら時事ニュースを頭にインプットしつつ、英語を学習するのが近道でしょう。ニュースはビジネスで使える語彙が非常にたくさん詰め込まれていますので、語彙力を高めるのに適した素材です。あわせてビジネス用英語の学習に特化した英単語帳や英単語学習のアプリを活用すると効果的でしょう。

ライティング

仕事の主流はEメールですので、英文書の書き方をトレーニングするためにもライティングが有効です。ビジネスのライティングに役立つ教材もありますので、そうしたものを参考に英文作成力を付けましょう。教材には「書き出し」「結び」「返信」「お礼」「お詫び」「例文」「依頼」「宛名の入れ方」など実践に即した内容が記載されているため、すぐに活用することができます。

Web上で開催されているオンラインのライティング講座を受けるのもおすすめです。ライティング講座では提出したあと添削を受けることができますので、客観的に間違いがないかチェックすることができます。

また、Web上の掲示板に投稿して、英語に長けた人にチェックしてもらう手段もあります。ただそうした場はあくまでも参考になるレベルですので、ステップアップのためには信頼できるネイティブスピーカーや英会話教室の講師に添削してもらう必要があるでしょう。

リスニング

相手の言っている意味を正しく理解する能力は、ミーティングやコミュニケーションにおいて非常に重要です。ビジネスで通用するリスニング力を付けるためには、なるべく多くの英語のプレゼンを聞くのが効果的でしょう。

政治家や学者、アナウンサーなどの言葉選びは、公的な場における英語独特の言い回しの参考になりますので、覚えて真似るのは大変有効です。誰が言っても適切な表現ですし、一般にわかりやすい英単語が選ばれていることが多いので、ぜひシャドーイングをしましょう。シャドーイングというのは、聞こえてきた音声を自分も追いかけて真似をする学習法です。正確な聞き取りができないと追いかけることができませんので、耳も口も同時に鍛えられるトレーニング法となります。

スピーキング

前項のシャドーイングも話す訓練にはなりますが、スピーキングは話す内容も自分で考える必要があります。まず、自分が話したいことや伝えるべきことが決まっていないと一言も発することはできませんので、頭の中でしっかり英文を組み立てる能力も必要となります。英語が読めても話せないという日本人が多いですが、それはインプットが足りていないことが原因です。ビジネスにおける定番表現や定型フレーズなどをリスニングでたくさん頭にストックして、それを組み合わせることで言いたいことを言えるようになりましょう。

発音

頭の中で正しい英文が組みあがっても、それをアウトプットするときに相手に伝わらないのは発音の問題です。日本人は「F」「V」「R」「TH」などの発音が苦手だと言われますが、何度も復習してトレーニングを積みましょう。また、独学では自分の発音が果たして通じているかどうかが判断できませんので、ネイティブの友人や英会話スクールの講師などに聞かせて指摘してもらうことも重要です。

ビジネス英語を勉強するときのポイント

ビジネスで英語を使う場合、明確な目標を持つことが大切です。なかなか簡単にはいきませんが、限られた勉強時間を有効活用するためにもしっかり学習ポイントを押さえましょう。

自分のレベルに合った教材を使う

早く上達したいのはやまやまですが、背伸びをし過ぎても意味はありません。まずは初級・中級・上級など自分のレベルに合う教材を選ぶことが重要です。自分の英語力がわからない場合は、TOEICを受験してみるか、Web上で英語力をチェックできるサイトを利用するなどして客観的に実力を知ることが大切です。

頻出フレーズを覚える

ビジネスで英語を使ううえで困らないレベルの語彙数は単語にして約1万語と言われますが、それはあくまでも目安です。コツはビジネスでよく使うフレーズをまとめて覚えることで、単語を単体で覚えるよりも意味のまとまりで覚えるほうが、より英語習得スピードがあがるでしょう。たとえば業務報告でよく使われるフレーズもあれば、会議でよく使われるフレーズなどもあります。自己紹介、挨拶、電話にも頻出フレーズが多々あります。定型を実際に口に出して練習をすることで、特に意識しなくても言葉が紡げるようになるでしょう。独り言でロールプレイをすると効果的です。

隙間時間を有効に使う

英語学習はとにかく継続が命ですので、空いた時間があればすかさずトレーニングに使うのが上達の近道です。スマートフォンアプリなどを使えば外出先でも通勤途中でも復習が可能ですので、常に英語に触れられる環境を作りましょう。興味のある分野の英語ニュースサイトをチェックするなど、モチベーションを維持する工夫も大切です。

定期的に実力を試す

実力がどれくらい付いたか成果を披露する場があると、モチベーションが高まりますし、より上達しようという意欲も湧いてきます。TOEICに定期的にチャレンジするのも良いですし、英会話スクールなどでコミュニケーションするのもおすすめです。客観的に自分のレベルを知ることで、次の課題や目標が明確になるでしょう。

英語漬けになれる時間を確保する

英語を学ぶために必要なのは、英語に全身で浸かれる環境を確保することです。海外旅行に行って英語しか使えない状況になると、多くの日本人がハイスピードで英語の実力をアップさせることができます。日常生活ではなかなかそんな環境は作れませんが、英語しか話せない英会話合宿などをうまく利用して、全身で英語を感じる時間を作るのは非常に有効です。

グローバル時代のビジネスマンになるために

英会話に長けているビジネスマンは、それだけでターゲットにできる市場が大きく広がります。ネイティブでなくても、きちんとコツを掴んで学習すれば、ビジネスシーンで十分活用できる英語習得は可能です。ビジネス独特の言い回しや特徴を理解し、ぜひグローバルで活躍できる人になってください。