短期集中で英会話を習得するには? 効果的な学習環境とポイント

2020年2月14日(金)

短期集中で英会話を習得するには? 効果的な学習環境とポイント

急に海外出張や海外赴任が決まったり、留学を間近に控えていてTOEIC、TOEFLやIELTSなどの英語力テストのスコアアップが必要になった場合、英会話能力の習得は急務になります。このような状況で、短期集中的に英会話能力を伸ばしたい場合、具体的には何をすればよいのでしょうか。

本記事では、短期集中で英語力を伸ばすために個人でできることや、短期集中型でおすすめの英会話カリキュラムを紹介します。英会話スクールの比較検討にお役立てください。

短期集中で英会話を習得するためのポイント

まず、短期集中型で英語学習を行い、英会話スキルを上達させるためのポイントには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

目標を設定する

まずは、目標とする上達レベルを、TOEIC、TOEFLスコアなどの数値や、想定しうる場面などをもとに、具体的な形で設定しましょう。目標を明確にすることで、たとえば留学向けに学術的な語彙を優先させるのか、ビジネス英語を想定した表現を優先させるのかなど、重点的に学習すべき点を明確にできるからです。短期間で英語を学ぶ場合は、限られた時間を最大限に生かすため、優先順位をつけ、後回しにしてよいところは後回しにすることも大切な考え方です。

たとえば、旅行に備えて日常会話を話せるようになりたい場合は、お店での注文など、日常的なシーンで頻出するフレーズを中心に学習しましょう。一方で、ビジネス上の会議に参加することを想定している場合は、商慣習上用いられやすい、ビジネス特有の表現を重点的に強化するとより効果的です。また、学術会議などを想定する場合は、最低限の文法と、自身の専門分野の語彙やフレーズを覚えることに重点を置くとよいでしょう。

短期集中で勉強できる環境を確保する

短期間で英会話スキルをレベルアップさせるためには、それだけ集中して英会話の勉強に取り組める環境も大切になります。まずは、仕事や学業などの合間で独学でも安定して勉強できる時間を作ることが必要です。これには、週末や連休に集中的に学習する方法や、放課後や仕事終わりの後、平日の夜に一定時間の学習時間を設ける方法が考えられます。

ここでいう英会話能力は、相手の会話を聞き取るリスニング能力と、自ら発話するスピーキング能力が複合した能力です。英会話コースを受講すればこのような環境は自動的に確保できます。そうではない場合には、ラジオやCDなどの音声から聞き取った英語のリピーティングや機械音声に対して一人でシャドーイングによって応答する、スカイプを用いた英会話学習ツールを利用するなど、発話できる環境も確保して、なるべくネイティブスピーカーの真似をしてフレーズを習得しましょう。

また、頻出フレーズについては、その意味をつかむため、書き言葉として視覚的に理解することも役立ちます。特に重要なフレーズであれば、必要に応じてリーディングやテキストライティングの教材も併用するとよいでしょう。

これらに加えて総合的に取り組める環境を自宅などに確保したうえで重要なのが、教材選びです。自分の目標とするレベルに無理なくスキルアップできるような、適切なレベルの教材を選ぶことも、重要な環境整備の一環といえるでしょう。ご自身のレベルが不明な場合は、オンライン英会話などにて無料でレベルチェックできるツールもありますので、適宜活用されることをおすすめします。

英会話スクールの短期集中コースに通う

ご自身で自学するよりも、安定した学習環境を確保できる方法として、英会話スクールの短期集中コースに通う方法が挙げられます。多くの英会話スクールでは、受講期間が短く、一方で十分な受講回数が設けられている短期集中型のコースが夏休みや年末年始を中心に設定させています。

このようなコースでは、ネイティブとのマンツーマンレッスンであれ、ほかの人も交えたグループレッスンであれ、実際に他人と会話することになるため、効率的に英会話を習得できます。また、スクールごとに、想定場面などに応じてコースが細分化されている場合も多く、限られた受講回数で体系的に組まれたプログラムによって学べる点は大きな利点です。

短期集中で英会話の習得を目指す「ハイスピード英会話」の特徴

短期集中型で英会話学習する方法の一つに、「ハイスピード英会話」と呼ばれるプログラムがあります。ここでは、ハイスピード英会話がどのようなものか見ていきましょう。

24時間英語漬け・日本語禁止の英会話合宿

ハイスピード英会話の最大の特徴は、毎日、24時間強制的に英語を使用する、日本語禁止の英会話合宿である点です。日本語との接触が断たれ、英語だけで生活する環境に身を置くことになります。英語力を総合的に底上げする大きな機会になります。ビジネス英語や日常英会話など、レベルや目的に応じて、ご自身に合ったプログラムを選べるので、日本語が使えない英語漬けの生活とはいっても、無理のない参加が可能です。

海外留学さながらの密度の濃い時間を得られる

ハイスピード英会話は合宿形式でほかの参加者や講師と生活をともにするプログラムであるため、海外留学さながらの効果を得られます。レッスン以外のフリータイムも日本語禁止であるため、24時間徹底して英語の習得に充てられます。

また、話題が尽きて会話が発生しなくなる事態に陥る心配もありません。講師があらかじめ多彩な話題を事前に用意していて、必要に応じてこれらのトピックを提供してくれるからです。プロの講師陣は、何気ない会話の中に含まれる表現のミスも本気で徹底的に指導してくれます。通常の海外留学であれば、留学生や英語を専門としない教授は提出課題のライティング内容や授業中の発話を除けば、内容を理解さえすれば細かいミスはあえて指摘しないことも多いでしょう。

このような手厚い学習サポートがあるため、ハイスピード英会話は、海外留学でも得難いきめ細かな学習体験になると考えられます。

ネイティブスピーカーとの会話を通じてリアルな英語を習得できる

ハイスピード英会話に参加する講師は、全て英語を僕語とするネイティブスピーカーで、かつ特に厳しい専門訓練を受けたプロばかりです。日本人の参加者が短期間で最大限英会話能力を習得できるように全力を尽くし、発話時の緊張や羞恥心もうまく解きほぐすメンタルも含んだ幅広いサポートを行い、受講者の英会話スキルを上達させます。

英語での実践的なコミュニケーション能力を養える

ハイスピード英会話の特徴の一つは、実践的なコミュニケーションを想定したカリキュラムになっていることです。プログラムは場面を想定したロールプレイやディベートなど、実際の会話場面に近い内容によって構成されています。これにより、議論の場などでも、堂々と英語で発言する姿勢が身に付きます。また、ビジネス英語の習得を目的としたコースでは、ビジネスの場に近いディベート内容が盛り込まれるので、ビジネスシーンで頻出するフレーズも、無理なく自然に習得できます。

短期集中の英会話合宿「ハイスピード英会話」のカリキュラム

このようにさまざまなメリットのある「ハイスピード英会話」ですが、その具体的なカリキュラム内容はどのようなものなのでしょうか。早速見ていきましょう。

英会話合宿のカリキュラムの例

電話対応

ハイスピード英会話では、表情やボディランゲージに頼れず、発話内容が全てとなる電話シーンに対応したカリキュラムも実施しています。このカリキュラムでは、口頭のみで相手と的確に意思疎通を行う方法を学ぶことが可能です。電話シーンでは、用件を的確に聞き取り、自分の意図も正確に伝えるスキルが必要になるからです。

会議

会議シーンでは、議長や司会者、タイムキーパー、書記などを具体的に決めて、実際のビジネス会議を模擬的にロールプレイします。

このカリキュラムでは、会議の場における意見や質問の表現方法や、意思表示の示し方などを学びます。

プレゼンテーション

ビジネスの場では、企画を提示したりするプレゼンテーションのスキルも重要になります。プレゼンテーションのカリキュラムでは、参加者は実際にプレゼン資料を作成し、それに基づいて英語でプレゼンテーションを行うスキルを磨きます。

プレゼンテーションでは、資料内容を説明する際の声の抑揚やスピード、さらには立ち方や姿勢など、不特定多数の相手に適切なメッセージを打ち出すためのコミュニケーション能力を磨くことが可能です。資料の出し方や導入のアイスブレイク、プレゼン中のボディランゲージ、質疑応答など、相手の記憶に残り、効果的に内容を伝えるプレゼンの仕方を総合的に学べる点が特徴です。

参加者の声

「通学クラスにはない効果」

40代の税理士の女性の方は、仕事上英語を使用する機会が多いことから会話力を鍛えようとして受講したところ、実務に精通した講師やモチベーションの高い参加者とともに、実践的な英語学習ができたということです。また、日本語を一切使わない環境で弱点を知って成長できるのは、限定的な通学クラスにはない効果だともおっしゃっています。

「ロールプレイは大変役に立つ」

30代のメーカー勤務の男性の方は、レッスンがエキサイティングで素晴らしいものであり、5日間のカリキュラムがあっという間に過ぎてしまったと述懐しています。カリキュラムを通じてほかの受講者の方とも仲良くなられるなど、さまざまな収穫を得た中でも、特にさまざまな場面を想定したロールプレイが大変役に立ったということです。

「期待通りの効果」

40代のメーカー勤務の男性の方は、過去にレギュラーコースに参加したことがあり、今回が2度目のハイスピード英会話だったということですが、それでも十分に期待通りの効果が得られたと言います。この方は普段スピーキングする機会が少ない分、ハイスピード英会話によって真剣に英語学習に取り組んで、弱点も見つけて成長につなげられたということです。

短期集中で英会話を習得するなら「ハイスピード英会話」が一番

英会話学習の方法には、自学や英会話スクールに通う方法などがありますが、日本語を一切使えない英語漬けトレーニング生活を送るハイスピード英会話であれば、最も英語に集中できる環境で、高い学習効果を発揮できます。ただ料金は割高に感じるかもしれませんが、入会金やテキスト代金などの初期費用は掛からず、短期集中で英会話を習得できるため、最終的に掛かった費用を見てみると、他の英会話スクールよりも安い料金でレッスンが受けられたという声が多く挙がっています。

目的に沿って短期集中で英語学習に特化した日々を過ごすのであれば、ハイスピード英会話は大変お勧めできる英会話スクールといえるでしょう。