英語のリスニングは海外に行けば身に付くの?

2019年8月30日(金)

英語のリスニングは海外に行けば身に付くの?

確実にスキルはアップする

英文法を熟知していてもリスニングが苦手という方は、意外と多いのではないでしょうか。聞き取る力が弱いと英会話もスムーズに楽しめなくなってしまうでしょう。聞き取る力=リスニングは、スキルアップの上でも大いに重要になってきます。

また、リスニングの他にもリーディングやライティング、スピーキングのスキルが求められますが、リスニング能力が高ければ他の技能も無理なく伸ばすことができると言われているのです。

日本人の中には、英語の聞き取り力を上げるために、ニュースや音楽・海外ドラマなどを通して勉強を続けているという方も少なくありません。

しかし、ただ聞くだけの勉強法では、効率よくスキルをアップすることは難しいでしょう。日本人がネイティブの会話を聞き取れない理由は様々ありますが、そのひとつに単語力の少なさが挙げられます。ネイティブとの会話の中でどんなに耳を傾けていても、知っている単語の量が少なければ、聞き取ることができず会話が成立しません。

また、文法や熟語もマスターする必要があるでしょう。中には、正しい発音がわからない、という方もいます。正しい発音ができないだけではなく、単語や発音を間違って覚えていると、リスニング力を効率よく上げることはできません。

短期間で自信を持って英会話を楽しむには、やはり留学や旅行などを通して、海外へ足を運ぶことがおすすめです。

特に海外留学は、確実に英会話のスキルがアップすると言われています。驚くことに海外留学によって、TOEICのスコアが短期間で200点もアップした人もいるのです。

海外で英語を勉強するメリット

海外に行くことで英会話力を短期間でアップできると言っても過言ではありません。もちろん、日本でも勉強することはできますが、海外へ行くとすべてが英語での生活になるので、効率よくスキルアップすることが可能です。

耳に入る言葉はもちろんのこと、目に入る文字に至っても、日本語を見聞きすることはほとんどありません。そのため、一日中、英語に触れることになり、自然とスキルをアップが可能になるのです。英会話のスキルを短期間で上げるために留学を検討している、という方も多いのではないでしょうか。

確かに海外留学には、様々なメリットがあり、短期間で英会話のスキルアップを目指したい方におすすめと言えるでしょう。

留学先で外国人と会話をする時には、スピード感が求められます。自然な英会話を楽しむために、相手の話をできるだけ早く理解することと、正しい単語や発音で返答しなければいけません。英会話に苦手意識がある方は、慣れるまでは苦痛に感じるかもしれませんが、外国人とたくさん会話をしていると、自然と話すことができるようになります。

また、すべての単語を聞き取ることができなくても、時間と共に必要な情報を把握できるようになるでしょう。海外で長年にわたり生活を続けていると、日常会話の中で自然と状況を把握できるようになると言われています。

英語も日本語と同じように似たような発音をする単語が数多くあります。そのため、聞き間違ってしまった経験をした方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、このようなトラブルも海外で生活していると、状況に合わせて単語の意味を把握することができるようになり、スムーズに会話を楽しめるようになるのです。

聞き取る力が効率よく伸びる理由

リスニング力は、海外で生活すると格段にアップします。

その理由は、ネイティブの生の会話に触れることができるからです。短期間で聞き取る力を上げるためには、ネイティブとの会話に慣れることが大切です。

日本人とネイティブの発音は大きな違いがあることをご存知でしょうか。ネイティブの発音は、単語が重なって聞こえてきます。また、しっかりとネイティブの会話に耳を傾けてみると、リズム感があり、日本人とはイントネーションに違いがあることをおわかりいただけるでしょう。

海外で生活すると、ネイティブと会話をする機会も自然と増えるため、英会話のスピードに慣れるだけでなく、正しい発音を聞き取ることもできるようになります。また、単語の重なりも違和感なく聞き取れるようになったり、頭の中で日本語を意識せずに英会話を楽しめるようになったなど、変化を感じている方も少なくありません。

どれくらいの期間でスキルをアップすることができるのか?

では、海外で生活すると、どれくらいの日数で英会話力をアップすることができるのでしょうか。

海外留学などは、人によって滞在する期間に差があります。

数週間ほどの短期間で留学を楽しむ方もいます。中には、1年以上の長期間にわたり留学しているという方もいるでしょう。

また、留学する目的もさまざまです。

勉強のために行く方や、仕事のために海外で生活する方もいます。海外留学の期間や目的は人によって違いがありますが、短期間でもスキルアップに繋がると言われています。

現在、短期間の留学プランも数多く用意されており、1週間から留学することが可能です。実際に海外留学をしたことがない方の中には、1週間程度でスキルをアップするのは難しいのではないかと思うかもしれません。

しかし、1週間でもネイティブの会話に触れることで、耳を鍛えることができます。英会話でコミュニケーションが取れるようになり、簡単な日常会話であれば聞き取れるようになるでしょう。

半年ほどの海外留学を経験すると、聞き取る力に自信が持てるだけでなく、積極的に英会話を楽しめるようになります。単語量も自然と増え、様々なボキャブラリーを使ってネイティブとの会話が成立します。

1年以上の海外留学経験があれば、日常会話のみならずさまざまなシーンで英会話を楽しむことができるようになるでしょう。ビジネスシーンなどでも具体的な説明ができるようになるため、海外生活で困ることはほとんどありません。

海外生活が長くなればなるほど、聞き取る力を格段にアップさせることも実現します。

スキルアップの近道はネイティブと積極的に話すこと

英会話力を上げる方法として最も大切なことは、ネイティブと恥ずかしがらずに積極的に会話することです。ただ紙と鉛筆を使って勉強をしていても、いつまでも聞き取る力を上げることはできません。

日本人の多くは、間違うことをとても恐れています。間違った単語を使うことや、発音に自信がないと頭の中で一度整理してから会話を始めるため、それだけでも言葉が出るまでに相当な時間が掛かってしまうでしょう。

これでは、自分に自信を持つことができず、いつまで経ってもネイティブと会話を楽しむことはできません。

聞き取る力を短期間で身に付けるためには、積極的にネイティブと会話を楽しみ、自信を持って話すことが大切です。リスニング力が上達すると今よりも自信がつき、ネイティブとの会話がスムーズになることは間違いありません。

英会話が苦手な理由はさまざまですが、日本人の多くはネイティブと会話することに自信が持てないだけでなく、聞き取る力が付いていないことも理由と言えます。聞き取る力がなければ相手の伝えたいことがわからず、会話は成立しません。効率よく短期間でリスニングのスキルをアップするために、ネイティブとたくさん話したり、発音の練習や音の繋がりを意識した会話を楽しんだりすることを意識してみましょう。