英会話初心者必見!英会話学習で気をつけるべきポイント

2019年7月31日(水)

英会話初心者必見!英会話学習で気をつけるべきポイント

わからないレベルから始めない

初心者が英会話学習をはじめるときに気をつけるべきポイントは、今の実力より上のレベルからはじめようとしないことです。たとえば英語を習うなら外国人からと思い込み、いきなりネイティブスピーカーから教わろうとする人もいますが、これは逆効果の場合もあります。もちろんネイティブにもさまざまな人がいますし、日本文化に詳しく優秀な講師もいるでしょう。

しかし、初心者がいきなりネイティブスピーカーから英語を学ぶのは意思の疎通が難しく、単なるブツ切りの英単語のやり取りだけで終わってしまうことも少なくありません。確かに最低限の会話なら単語だけでも通じることはありますが、そこに費用をかけて学習する意義はあまりありませんよね。

自分は何が分からないのかも分からず、聞きたいことも聞けないままレッスン時間が過ぎてしまうと、多大なストレスだけが溜まることになってしまいます。一番のおすすめは、ネイティブに引けを取らない英語力を持つ、優秀な日本人講師に教わることです。特に初心者を教えた実績のある人なら安心でしょう。

何事も基礎が大切で、いきなりペラペラ喋れる人はどこにもいません。まず、学習する内容がしっかりと現在の自分に理解できるレベルであるかを確認し、そこをスタート地点として徐々にステップアップしていきましょう。基礎さえ固まれば、上達のスピードは加速度的にアップしていきますので、まずは焦らずにベースを固めることです。

「なんとなく」で進めない

何かを習得するには、目標を決める必要があります。なんとなく英語に触れていれば、そのうち上達するだろうという考えは、正しいと言えません。とりあえず英語が理解できればよいといっても、あまりにもあいまいな目標では、すぐに飽きてしまうでしょう。わかりやすい例を挙げると、何ヶ月後かのTOEICテストで400点台を取るといった目標や、予定している海外旅行で自由に買い物ができるようになる、といった目標が挙げられます。こうした具体的なゴールを設けることで、中途半端に勉強をやめて英語から離れてしまうことを避けられます。

そういった意味では、ただなんとなく英語を聞き流す学習方法は初心者に向いているとは言えません。勉強熱心な人なら良いかもしれませんが、疑問があってもそのままスルーしてしまい、なんとなくわかったような気持ちになり満足して終わってしまう可能性があります。ほかの勉強を進めながら、時間のあるときに英語に触れるのならよいですが、なんの基礎も身についていない状態では、何を何度聞いても学習効果はあまり得られないでしょう。

恥ずかしいと思わない

おすすめは、まずは中学生レベルの基礎英語をしっかり習得することです。テキストも中学生向けでOKですが、始めたら1冊を最後までやり切ることが大切です。勉強が「当たり前」になるように、毎日勉強する時間を決めて継続しましょう。ちなみに、ページ数などの範囲でノルマを設けるのではなく、時間で区切るのが効果的なやり方です。

耳で聞くだけでなく声に出すことも効果的で、聞いた英語をすぐに口で復唱する、シャドーイングという学習法もおすすめです。音読すると急に理解しやすくなり、覚えるスピードが速くなります。

声を出しにくい環境であれば、聞き取った英文を全部書き取るディクテーションという学習法も有効です。どこが理解できてどこが聞き取れていないかがはっきりわかるので、リスニング力が一気に上達するでしょう。

そして英語をアウトプットするうえで一番大切なのは、恥ずかしいと思わないことです。アウトプットは英会話習得するに欠かせない学習法なので、できるだけ講師と積極的に会話を楽しんだり、外語人とコミュニケーションを取る機会を持ちましょう。ただ日本人は、うまく話せないと恥ずかしいと感じ、挫折してしまう人がとても多いようです。通じなかったらどうしようと逃げ腰になりがちですが、自信がなくても大きな声で、相手に意思を伝える勇気を持ちましょう。

英会話は最終的には度胸です。間違いがあるなら、どんどん話して指摘してもらいましょう。言いたいことを一生懸命伝えることに慣れてしまえば、一気に英語が話せる人になれるかもしれません。

日本語に置き換えない

実はとても大きなコツのひとつが「頭の中で日本語に置き換えない」という重要ポイントです。これは無意識にやっている人が多い方法ですが、聞いた英語を日本語に置き換えない、英語を話すときに日本語で考えない、ということです。会話をするときに、英語を英語としてそのまま理解できるかどうかは、実はとても大きなポイントです。特にコミュニケーションにはリズムやテンポが必要で、いちいち置き換えをしていると肝心の意思の疎通ができず、会話が成り立たなくなってしまいます。これだけは、まだ英会話に慣れていない初心者こそが最初にしっかり意識しておきたいコツです。

英語力に必要なのは英語耳ではなく英語脳だと言われますが、英語脳が働けば、その都度日本語に変換しなくても、そのまま英語を理解できるようになるでしょう。これを身につけるためには、スポーツ同様反復練習あるのみです。クロールで泳ぐときに、右足と左足を交互に上下して、右手と左手を交互に回す……などと考えながら泳ぐ人はいないでしょう。英単語を覚えるときも、一言一句を日本語に結びつけて覚えるのはあまり得策ではありません。appleはappleであって、アップルでもりんごでもありません。頭の中で言葉に結び付けるのではなく、果物の映像がそのまま浮かぶようなトレーニングが理想的です。

雑な英語を覚えない

映画やドラマを通して生きた英会話を学ぶとはよく言われる学習法ですが、あまりおすすめできない点があります。それは雑な表現や失礼な言い回しが出てくることが多いからです。いわゆるスラングと言われる俗語ですが、知っていると上級者になったようで、使いたくなる人もいるようですが、コミュニケーションを取るときにトラブルになりかねません。日本人同士なら他意はないだろうと理解できても、外国人から失礼な日本語で話されたらカチンとくるでしょう。

本当に文化に詳しくなれば、多少くだけた表現でも状況に合わせて使いこなせるようになりますが、初めから取り返しのつかない雑な英語を覚えてしまうことは避けるべきです。文法を無視した表現や、会話の答えにぶっきらぼうな短文は、場合によっては相手に不快感を与えてしまうかもしれません。これは言い回しが変だとか片言だということよりもずっと大きな問題ですので、とにかく丁寧に話すことを心掛けるのが一番です。

ペラペラ話すことを目指さない

英語に限らず、ネイティブではない人がネイティブのレベルで会話するのは、そう簡単なことではありません。学習を始めるにあたって、いろいろと夢や理想があるでしょう。しかし、最初からパーフェクトな理想を求めすぎると、残念ながらすぐに挫折してしまうことになります。完璧を目指す前に、まず自分の意思を間違いなく相手に伝えることを目指してください。発音も文法も完璧な英語を目標にせず、ちゃんと心が通じる会話を目指して学習を進めましょう。

これは英語に限ったことではなく、人と人がコミュニケーションするときに大切なポイントです。日本人は普段、まったく意識していなくても、相手への細やかな気配りができますよね。こうした気配りが会話の中に込められるよう、丁寧な会話ができる人になりましょう。それは決して早口で流暢に英語を話す人とは限らず、相手の表情をちゃんと見ながら相手をリスペクトできる人となるはずです。