ビジネス英語の間違えやすいフレーズ

2019年3月24日(日)

ビジネス英語の間違えやすいフレーズ

ビジネスシーンでは、言葉の扱いに十分注意しなくてはなりません。それは、ほんのわずかな言い間違いから大きな誤解を生んでしまう可能性があるためです。英語が母国語でない国へ赴いた場合を考えてみてください。言い間違いは、またさらに起こりやすくなってしまうでしょう。そこで、間違いを起こしやすいビジネス英語のフレーズ例をご紹介します。

なぜ間違いが起こるのか

海外赴任に行くほどであれば、それなりに英語の知識がある人がほとんどでしょう。英会話のできない人材を選んでしまえば、現地での業務が滞ってしまうため、会社としてもデメリットになってしまいます。しかし、知識が豊富でも英語のフレーズ間違いは起こりやすいのが実際のところです。

理由は、いくつか挙げることができます。たとえば、英語圏では抽象表現を使うことが多いためです。ストレートに物をいうのではなく、何か別のものに例えて意思を伝えるといった方法です。これは、決して粋や文学性を追求しているわけでもありません。日常会話内においても、そういった表現が普通に存在しているのです。日本人にとっては馴染みのない表現法でしょう。こうした言語文化が影響して、間違いに発展することがよくあります。

まず、細かな文法におけるミスを起こしやすいという理由が挙げられます。たとえば、Sがつくかつかないか、単語の順番の前後などです。日本人にとって、どちらでも意味は通じると思うような些細な違いであっても、現地の人には異なったニュアンスで伝わるかもしれません。

また、まったく異なる環境に赴いているという環境的な理由も挙げられるでしょう。仕事での海外赴任とはいえ、周囲に日本人がほとんどいない職場で働くといったケースもあるかもしれません。そうなると、不安な気持ちが自信を失わせたり、周囲に間違いを正してくれる人がいなかったりと、悪循環が生じる可能性がでてきます。もちろん、海外赴任担当を選定する時点でそのような環境に強い人物が選ばれていることが多いですが、それでも新しい環境では困惑してしまうかもしれません。

ビジネス英語ともなれば、些細なミスが大きな問題を生みかねません。ミスしやすいフレーズをあらかじめ覚えておいて、間違えてしまわないよう注意してください。

大きく異なる意味に解釈してしまいがちなフレーズ

抽象表現を使ったフレーズは、とにかくミスに繋がりやすいものです。どう考えてもあり得ないような文面が、異なる意味合いを表している、そんなケースも少なくないためです。以下は、その代表例といえるでしょう。

・Did you get the picture?

この言葉を見て、どういった解釈をするでしょうか。ストレートに考えれば、「写真を撮りましたか?」という意味ですが、状況によってそうならない場合があります。

ことビジネスシーンにおいては、社内アナウンスやミーティングにおける「内容を理解しましたか?」という意味で使われることが多いです。「頭の中に写真を描く」という英語表現が、事情や状況の理解に繋がっているのです。

・Who do you report to?

直訳すれば、「宿題なんてあった?」ですが、ビジネスシーンであれば、宿題でなく課題や提出書類といったニュアンスとなるでしょうか。しかし、実際は違う意味合いで使われている可能性も高いです。

このフレーズには、「提出する」という意味以外に「報告する」や「指示を仰ぐ」といった表現も含まれています。つまり、「誰に指示を仰いでいるの?」という意味となり、メッセージとしては「あなたの上司は誰ですか?」に繋がります。上司の名前を聞かれているのに、宿題や課題に関する返答をしてしまっては恥をかいてしまうでしょう。

・I couldn’t ask for more

これは、会話の締めのような場面で出ることのあるフレーズです。普通に考えれば「もう話すことなどない」という、何とも感じの悪い意味と捉えてしまいます。ですが、だからといって顔をしかめてはいけません。感じが悪いどころか、好意的に思われているからこそこの言葉を使ったのかもしれないためです。

これには、直訳である「これ以上尋ねることはできません」がかかわっています。これ以上尋ねることはない、すなわちこれ以上頼めないほどに良いといったニュアンスに繋がるのです。結果、「願ってもないことです」という最上級に近い好意的な肯定が表されています。これは事前に知っておかなければ、なかなか扱えないでしょう。

・Of course not

このフレーズは、特に注意が必要でしょう。中学校レベルでも理解できるような、簡単なワードでできているためです。「もちろん嫌に決まっている」といった意味ですが、単純にそう捉えてしまうと大変です。なぜなら、まったく逆の意味が込められているためです。

「Of course not」は、否定ではなく肯定を表すのが基本的です。すなわち、「not」と言っているものの、意味は「もちろんです」になるのです。何かの誘いや頼み事をしてこの返答を受けて、がっかりしてしまうと驚かれることでしょう。英語では、質問の流れによってyesとnoが逆になる場合もあるのです。気を付けてください。

些細な違いを誤ってしまいがちなフレーズ

意味の捉え方を間違えて、大きく把握を誤ってしまうフレーズもあれば、ごくわずかな違いに戸惑ってしまうようなものもあります。英語の文法は、わずかな違いでも意味が大きく変わってくるためです。代表的な2つの例を挙げます。

・I look forward to ~

これは、「私は~を楽しみにしています。」という意味のフレーズです。社交辞令も必要なビジネスシーンにおいては、何かと多用するのではないでしょうか。ですが、このフレーズはミスしてしまいやすいものでもあるため、無知を悟られないよう気を付けましょう。

やってしまいがちなのが、toのあとに使う単語を間違えてしまう使い方です。ここには、かならず名詞をもってこなければなりません。どうしても何かすることに関して楽しみにしていると伝えたいときには、meetingやseeingといった具合に、ingをつけて名詞に変えましょう。

・不可算名詞

不可算名詞、つまり数えることのできない名詞の使い方です。通常、名詞が複数になれば、複数形を表す「s」をつけるのが基本でしょう。ところが英語では、不可算名詞こと数えられない名詞には複数形の「s」をつけてはならないという決まりがあります。例としては、waterやteaといった液体、またinformation、adviceも数えられません。文法においては基本的な知識ですが、いざ現地にいくと結構やってしまいがちなミスです。

フレーズ間違いを防ぐには

日本生まれ日本育ちの日本人にとって、英語ならではのニュアンスというのは、なかなか理解することができません。突然の海外赴任ともなれば、なおさらでしょう。しかし、赴任前にある程度学習し、知識を積み重ねていれば、ミスしやすいポイントを押さえておけます。時間を見つけて、学んでおいてはいかがでしょう。

おすすめは、合宿制の語学学校を利用する方法です。これなら、短期にかつ濃密な学習ができるので、海外赴任を控えた忙しいビジネスマンでも、有休などで休みをとって利用しやすいのではないでしょうか。個人学習や通常の英会話スクールにはないクオリティで、スムーズに知識を高めておけます。

正しい英語力を身につけよう

自分では英語を理解したつもりでも、いざ現地へ行くとなかなかうまく話せない…そんなギャップにがっかりするケースは少なくありません。上記のような間違えやすい英語フレーズは、その代表例といえるでしょう。事前に正しい英語力を身につけて、海外赴任を成功させてみてください。