英会話の聞き流し学習って実は意味がない?効果的な学習法とは?

2018年5月19日(土)

英会話の聞き流し学習って実は意味がない?効果的な学習法とは?

英会話の一般的な学習方法は、スクールでネイティブの先生と会話する方法でしょう。忙しくてなかなかスクールに通う時間が取れないのであれば、自宅で学ぶ方法もあります。自習用の教材には、目的や予算に合わせてさまざまなメソッドのものが揃っています。そのひとつに「聞き流すだけ」という方法があります。ここでは、聞き流すことの持つ効果とその限界について解説を加え、より効果的な方法の提案を行います。

英会話の聞き流し学習で話せるようにはならない?

聞き流しタイプの教材の広告では「聞き流すだけで会話力が上達します」というキャッチフレーズがよく使われるようです。

英語の運用能力はリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングなど主に4つの能力で構成されています。「聞き流す」というのはリスニング能力に関わるトレーニングです。英語に限らず、会話ではリスニングとスピーキングの2つの力が重要です。両方がバランス良くできて、初めて会話が成り立ちます。

つまり、リスニング能力だけトレーニングしても会話力は上達しないのです。残念ながらリスニングとスピーキングの練習方法は同じではありません。もし、話す力を高めたいのであれば、聞き流すだけでは効果は薄いといえるでしょう。聞く力はつくかもしれませんが、会話力のトレーニングという意味では不十分なのです。

英会話聞き流し学習のデメリット

トレーニング方法とは別に、教材に収録されている会話の内容が問題になることもあります。教材の会話が学習者にとって興味のない内容であれば、本当の意味で聞き流してしまい、頭に入ってこないのです。

「聞き流すだけ」の教材は非常に手軽に始められますが、学習を継続するにはおもしろく感じることが重要です。おもしろくなければ、モチベーションが続きません。聞き流し学習を始めてみたが、すぐに飽きてしまったというケースはよくある傾向です。それは、教材内容と学習者の興味が合わなかったことが主な理由と考えられます。教材内容は一般的な会話が収録されていることが多く、それに対して学習者の興味というのは千差万別です。聞き流し学習に興味がある場合は、事前にその内容が自分にとって興味が持てるものかどうかを十分に検討したほうがよいでしょう。

英会話を聞き流すなら好きな音源を用意して

逆に、会話の内容が自分の興味が持てるものであれば「聞き流し法」にも一定の効果があります。そのため、既存の教材に頼らず自分で探すという方法も合理的です。

例えば、自分の好きな洋楽アーティストが出演しているインタビュー音源を用意して、それを聞いてみるというのは効果が期待できます。アーティスト名などをネットで検索すれば、多くの教材が見つかるでしょう。そもそも内容に興味があるので、リスニングの真剣度も違うはずです。好きな相手が話しているなら、繰り返して聴いても飽きることもないでしょう。

ただし、聞くだけでは、話す力は向上しませんので、「モチベーションが上がらないときに流す」というような気晴らし向きの方法と考えてください。

聞いたら話す!英会話上達の鉄則

スピーキング能力を向上させるにはどうすればよいでしょうか。会話を聞いたら、必ず口に出して真似をすることが鉄則です。うまく聞き取れたとしても、それを自分の言葉で口にしなければ会話は身につきません。聞き取った内容を実際に口に出し繰り返してみましょう。

この方法に慣れたら、聞くと同時に話す「パラレル・リーディング」を行うと、さらに会話力が上達します。まず、同じ会話をほとんど覚えるまで聞き込みましょう。ある程度頭に入ったら、再生される会話と同じタイミングで口に出して発音します。これを繰り返すことで、発音やアクセント、フレーズのリズムが自然と身についてくるのです。