この英語はなぜ通じない?カタカナ英語・和製英語の違いは?

2017年6月2日(金)

この英語はなぜ通じない?カタカナ英語・和製英語の違いは?

英語を学んでいると、日本でも親しみのある単語に出会うことがありますよね。外来語を漢字に置き換えず、日本語同様にそのまま使っているものがあるからです。中には日本人が独自で編み出した「英語もどき」な単語もあります。和製英語やカタカナ英語と言われますが、実はこの2つには明確な違いがあるって知っていましたか? 和製英語とカタカナ英語についてアンケートを取ってみました。

え!?違いがあったなんて知らなかった!!

和製英語とカタカナ英語の違いを知っていますか?

和製英語とカタカナ英語の違いを知っていますか?

アンケートの結果、違いを知らないという「いいえ」の回答の方が過半数を上回りました。

  • 違いは知りません、同じものだと思っていました。使い分ける事もないので。
  • (20代/女性/無職)

  • あまりその違いを意識して使ったことがないので、わかりません。
  • (30代/女性/正社員)

  • 和製英語とカタカナ英語の違いは、深く考えたことがないのでわかりません。
  • (30代/男性/正社員)

  • 和製英語は聞いたことがあるが、カタカナ英語という言葉は今初めて知ったから。
  • (30代/女性/専業主婦(主夫))

和製英語とカタカナ英語の2つを混同しているか、または違いを意識していない人が多いようです。2つの言葉のニュアンスが似ているので、同義語と勘違いしているのでしょうか。中には「カタカナ英語」という言葉自体を知らない、という意見もありました。普段使っている日本語でも、意識してみないとその意味が分からないのかもしれません。

英語ネイティブに通じないのが○○英語!

アンケートに答えた人のうち、約4割が違いを知っている「はい」と回答をしました。

  • 和製英語は元々の英語にはない言葉、カタカナ英語は元々ある英語をカタカナ表記したもの。
  • (20代/女性/正社員)

  • 和製英語は日本でしか使われていない言葉だと認識している。あたかも英語のように使っているが、英語圏の人には伝わらない言葉。
  • (40代/女性/正社員)

  • 和製英語は、英語としては意味が通じない言葉。カタカナ英語は、意味は合っているが、発音がカタカナ的になっている言葉。
  • (40代/男性/経営者)

  • 以前学校の授業でこのことについて一度学習したことがあったから。
  • (10代/男性/学生)

「和製英語」は日本人が作り出した独特の表現です。英語ネイティブに言っても何を指しているのか分かってもらえない、と知っている人もいました。一方で、「カタカナ英語」は英単語をそのままカタカナで表現したもの。英単語と指す内容は同じでも、発音が日本語に近いのが特徴です。発音が理由で、もしかしたらネイティブには通じないかもしれない、と感じていることが伺えます。最近では、学校でも2つの違いを教えているようですね。和製英語の存在を知っていれば、英会話や英作文でのミスが防げるでしょう。

違いを意識して英語に磨きをかけよう

日本語にはたくさんの外来語も使われています。英語を勉強するときに「カタカナ英語」は単語の暗記を助けてくれますが、日本独自の「和製英語」はネイティブには通じないことに注意しましょう。アンケートでは、和製英語とカタカナ英語の違いを意識したことのない人が多数を占めました。一方で、違いを知っていても、カタカナ英語の日本語に近い発音を克服したいと感じている人がいることも分かりました。ネイティブが聴いても自然な英語を身につけるために、どの日本語が和製英語かカタカナ英語かを認識しておきたいところですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2017年03月17日~2017年03月31日
  • 有効回答数:100サンプル