英語の教材を購入する!どんなタイプの教材を優先して購入する?

2016年11月5日(土)

英語の教材を購入する!どんなタイプの教材を優先して購入する?

効率良く英語を勉強する為には教材があった方が助かりますが、教材には様々な種類があり、何を学びたいかで購入する教材が変わりますよね。一般的な英語が学べるものよりもネイティブな英語を学べるものや、とにかく英語が話せるようになるための教材など、多くの選択肢があるかもしれません。

そこで今回のアンケートでは、どんなタイプの教材を購入して英語を勉強したいのか伺ってみました。

現地で通じる英語を学びたい?ネイティブな教材がほしい!

あなたが英語の教材を購入するとしたら、どのタイプの教材を選びますか?

あなたが英語の教材を購入するとしたら、どのタイプの教材を選びますか?

アンケートの結果によると、最も多くの人がネイティブな英会話が学べる教材を選ぶと回答していました。

  • 頑張って覚えても実際に伝わらなかったら意味がないので、下手に癖を付けるよりも最初からネイティブな英語を身に付けたいです。
  • (20代/女性/学生)

  • 実際に使える英語を学ぶことが、今の私たちにとって最も必要だと思います。
  • (50代/男性/無職)

  • 会話はツールなので、外国人ともコミュニケーションがとれるような力をつけたいから。
  • (20代/女性/学生)

     

一般的な英語の教材だと、実際に外国人と話しても伝わらない可能性があるので、ネイティブな英会話が学べる教材の方が役に立つようです。

どこに行っても会話が出来るに越したことはないので、しっかりとした英会話が成立するために選ぶと言えるでしょう。

聞き取ることは出来ても、実際に話せなければ意味がない?

そして次に多かったのはスピーキングが上達する教材を選ぶ、という回答でした。

  • 言っていることは大体理解できるが、返すことが出来ず話す機会がなかなか無いので身に付けたい。
  • (40代/女性/会社員)

  • ある程度リスニングが出来るので、言っている事は分かるが、自分が思う事をどう話していいか分からないため。
  • (40代/女性/無職)

  • 海外に行くと、いつも困る事があります。自分の伝えたい事がなかなか伝わらないことです。外人と楽しい会話のキャッチボールをするより、助けて欲しい事の方が多いのでスピーキングの方を重視します。
  • (30代/男性/会社員)

相手が何を言っているのか理解することは出来ても、それに対してどう返せばいいのか分からないことが多いので、話す能力を身に付けたいのでしょう。

聞くだけで英会話は成立しないでしょうし、せめて話すことが出来れば困ることも少なくなりそうです。

話すより先に相手が何を言っているか聞き取れるようになりたい?

三番目に多かったのはリスニングが上達する教材を選ぶというものでした。

  • まずは聞き取れないと、会話が成立しないから。相手が何を言っているのか理解できて、初めて自分がどうすればよいのかがわかる。その上でうまく説明できなければ、身振り手振りを使ったり、強引に手を引っ張って連れていくなど、いくらでも方法はある。
  • (30代/女性/無職)

  • 聞く事が出来ないと、英会話は出来ません。ある程度聞き取りができれば、ジェスチャーで意思疎通を図る事ができると思います。
  • (30代/男性/会社員)

  • 直接英語圏の方との繋がりはないので、好きな洋画が字幕なしで観られたらいいと思い、とりあえずはリスニングから学びたいです。
  • (40代/女性/専業主婦)

たとえ英語を話せなくても、相手が何を言っているのか少しでも理解することが出来れば、意思疎通を図る方法が多くありそうですよね。何より会話を成立させるには聞き取る力がないと駄目なので、リスニングさえ上達すれば英会話の幅が広がるかもしれません。

正しい文法や単語を学ぶことで、筆談がスムーズに出来る?

四番目に多かったのは英文法が学べるという回答であり、最も少なかったのはライティングが上達するというものでした。

英文法が学べる

  • 英語を話す上で困ることはあまりないのですが、よく言われるのが所々副詞が抜けているとか基礎の文法が出来ていないということです。英語を勉強し直すという意味で英文法が学べる教材を購入したいと思います
  • (20代/女性/パートアルバイト)

  • 文法が不自然に繋がっているのは失礼だと思うし、正しい意思表示が出来れば相手を困らせずに済むだろうから
  • (20代/男性/無職)

  • 今までの英語学習のなかで、一番身につかずに悩んだのが英文法だったから。
  • (20代/女性/学生)

ライティングが上達する

  • 聞き取りも、スピーキングも苦手なので、筆談だけでも出来たいと思っています。
  • (20代/女性/契約派遣社員)

  • 発音とかはどうしようもないので、ライティングでしっかりした英語を身につけたい
  • (20代/男性/無職)

  • 上手に文章を考えることが出来ないから、いろんな場面で使える文章を習得したいです。
  • (30代/女性/専業主婦)

英語は話すだけでなく書くことも必要になるので、まずは英文法の基礎から学ぶことで、筆談などがうまくなると言えるでしょう。

相手と話すことが出来なくても、正しい文法や単語を知っていれば何とか会話が成立出来るのではないでしょうか。

英会話を成立させるには、話すだけでなく聞き取りなども重要?

今回のアンケート結果を見ると、最も多くの人がネイティブな英会話が学べる教材を選ぶようですが、その他の教材を選ぶという人も数多くいるということが伺えました。 実際に外国人と英語で話すとなると、きちんとした発音でないと通じないこともあるので、ネイティブな英会話が学べる教材は非常に大切だと言えるでしょう。

話す以前に相手の言葉が聞き取れないと何をどのように伝えていいのか分かりませんし、逆に英語を話すことが出来ても、文法が成り立っていないことも考えられます。

会話を成立させるには、最低でも相手が何を言っているのかを聞き取れるように勉強するのが重要になりそうですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2016年04月11日~2016年04月25日
  • 有効回答数:300サンプル