英会話あるある?あなたが難しいと思った英語の言い回しは?

2016年10月29日(土)

英会話あるある?あなたが難しいと思った英語の言い回しは?

仕事や海外旅行で話せたら良いなと思う「英語」 実際に習い事の一つとして英会話教室に通っている、もしくは、通っていた。という方も多いのでは?

勉強をしていても、習い事や旅行、仕事の際に、実際に英語で会話をしてみると、意味や言い回しが違う事に気づき、戸惑ってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、なかなか習得できなかったり、習得するのが難しかったと思う英語特有の言い回しについてアンケートを取ってみました。

日本でもよく使うあの単語。英会話で使う時は、注意が必要?!

あなたが習得に苦戦した英語独特の言い回しを教えて下さい。

アンケートの結果、多くの方が否定疑問文の答え方や慣用句の習得が難しいと感じているようです。

  • yes noの答え方です。You won' t go togetherと言われて、Yes I will日本語だと「いいえ、行きます!」の答えの時にYes Noが日本語と逆になるので未だに一瞬考えます。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 否定疑問文の習得に苦労しました。通常の疑問文とyes/noの役割が逆になるので、頭の中で整理することが大変でした。
  • (20代/男性/自由業・フリーランス)

  • 否定疑問文の答えかた。ついつい日本語と同じ感覚で、「はい、嫌いです」「いいえ、好きです」と言った答えかたをしてしまう。
  • (20代/女性/専業主婦)

  • a piece of cake は最初何のことかさっぱり分からなかった。日本語の「朝飯前」とはあまりにもかけ離れていたから。あと、When pigs fly も面白い表現で、「絶対ありえないよ!」という時に使う。初めて聞いたとき私は、なぜか「紅の豚」の飛べない豚はただの豚、というセリフが頭をよぎった。
  • (20代/女性/無職)

  • pick up the paceという「急ぐ」という言い回しです。ちょっと感覚が日本語と違うので苦労しました。
  • (40代/男性/会社員)

  • 私が習得に苦戦した言い回しとしては、相手に自分が遜って話すときの敬語に苦労しました。
  • (40代/男性/会社員)

  • 高校で習った時から苦手だったけど、現在完了形をメールや日常会話で使いこなすのに時間がかかった。英語でコミュニケーションをとる友人がたくさんできて、やっと理解して使えるようになった。
  • (30代/女性/会社員)

     

日常でも使われることがある「YES」と「NO」。日本では、その意味が質問によって逆になるということはありませんから、なかなか慣れず、一瞬考えてしまう、間違って答えてしまうという方が多いと言えるのではないでしょうか。また、慣用句なども日本の感覚と違う為、意味を理解するまで時間を要する場合もあるようです。

耳慣れた英単語でも、その時々によって返答の仕方や意味が変わりますから、相手の話を聞くのは勿論、どう返答するのが良いのかをしっかり学んでおくことが大切なのではないでしょうか。

よく使う慣用句は、英語で覚えるのも一つの方法?

今回のアンケートの結果、多くの方が言葉の意味が逆になる「否定疑問文」が難しいと感じられていたようです。 また、日本でもよく使われる慣用句が英語になった際、感覚の違いから理解するまで時間が掛かるという声もありました。

よく自分が利用する、または、目にする慣用句やことわざを英語で何というか、海外でよく使われる慣用句は何かを調べることで、「何を言っているか分からない」といった事態を回避出来ることもあるかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2016年04月11日~2016年04月25日
  • 有効回答数:124サンプル