英語に自信ありますか?新人時代のTOEICスコア教えて下さい

2016年10月22日(土)

英語に自信ありますか?新人時代のTOEICスコア教えて下さい

みなさんはTOEIC(国際コミュニケーション英語能力)を受験した経験はありますか?

近年は海外で仕事をする方だけではなく、教養レベルを測るツールとして就職試験の基準に導入している企業もあるので、必死になって勉強したという方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は30代の方を対象に新入社員だったころのTOEICのスコアをアンケートで聞いてみました。

会社がスコアを求めないから、受験の必要がない?

英語に自信ありますか?新人時代のTOEICスコア教えて下さい

英語に自信ありますか?新人時代のTOEICスコア教えて下さい

アンケートの結果、最も多かったのは「受けたことがない」でした。

  • 新入社員の頃は英語よりももっと必要なものがあると思っていたため。
  • (30代/男性/会社員)

  • 就職試験においても、選定基準にTOEICのスコアを重視する会社ではなかったから。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 就職活動というものをしたことがないから。専門職なので、自分の技術を磨くのが先決。
  • (30代/男性/自由業・フリーランス)

  • 会場までが遠く、直ぐにでも受けたいですが期間が合わないのが一番の理由です。試験回数などを増やしていただければ受験される人数も増えると思います。
  • (30代/男性/会社員)

  • 以前英検に落ちたことがあり、それから全く勉強していないので良いスコアが出るとは思えないので。
  • (30代/女性/専業主婦)

     

会社(または自分の職業)がTOEICのスコアを求めない限り、受ける必要性がないと思っている方の多さが目に付きます。学生時代ならともかく、一度仕事を持ってしまうと優先的に覚えなければいけない仕事の内容もあるでしょうから、多忙なまま現在まできてしまったという方もいるでしょう。会場や時間も指定されているため、休日に仕事があると受けにくいという事情もありますよね。

高得点を取るには長期の準備が必要?

2番目以降に多かった回答は、500~699、700~849、10~499、850~990点の順でした。

500~699

  • 社会人として、ひとつの基準になると思いTOEICを8年前に受けた時、650点でした。 過去に海外に少し住んでいた事があったため、リスニングの得点は良かったですが、 読解問題に苦戦しました。入社以降、英語を使う機会が激減したため、今受けると相当点数が低いと思われます。
  • (30代/男性/会社員)

  • 大学生の時に就職活動のアピールのために、TOEICの勉強をしていました。650点前後でした。
  • (30代/女性/専業主婦)

700~849

  • 就活の時はTOEICを受けていませんでしたが、入社時に受験しました。その際に問題集を使って勉強しました。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 就活時にプラスになるかと思い、TOEICを受験し730点程でした。
  • (30代/女性/学生)

10~499

  • 受験しましたが、特に試験対策をしていたわけではなく300点代前半でした。
  • (30代/男性/会社員)

  • 388点でした。学校で習う英語とは違うので勉強しないと難しかったです。
  • (30代/男性/会社員)

850~990

  • 大学の2年時から学内のTOEIC講座に通い、裏技のようなものをたくさん学びました。
  • (30代/女性/公務員)

  • 学生時代卒業前に受けた時は900点台だったと思います。昔のことなので大まかにしか覚えていませんが。
  • (30代/女性/公務員)

簡単な英語のやり取りができる「500~699」クラスの回答では、受験に対して前向きになれない方もいれば、一定の語学力を社会にアピールしようと頑張った方までさまざまです。

会話内容がある程度理解できる「700~849」クラスでは、必要に迫られたり複数回受験したりした回答が多く、基礎が理解できる程度の「10~499」クラスは、英語が苦手であることを自覚し、受験対策をしなかった方が目立ちました。

高度な専門書が理解できる「850~990」クラスともなると、講座に通うなど長期間をかけて準備してきた様子がうかがえます。

時間に余裕がある学生のうちから勉強を重ねよう!

新入社員時代のTOEICスコアを30代に聞いたアンケートでは、受験したことがない方が半数近くに達する結果となりました。

会社が目標スコアを導入するなどしない限りは受験しないといった受け身になりがちな実態が読み取れます。社会に出て働くと手持ちの仕事で勉強に時間を割くのも大変でしょうし、英語が苦手な方が対策をせずにいきなり受験すると散々な結果になりがちです。高得点を目指すのであれば時間に余裕がある学生のころからじっくり勉強して、何度も挑戦してみましょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:30代 男女
  • 調査期間:2016年04月11日~2016年04月25日
  • 有効回答数:100サンプル