紙?デジタル?英語や英会話の勉強時に使う辞書はどんなタイプ?

2016年10月8日(土)

紙?デジタル?英語や英会話の勉強時に使う辞書はどんなタイプ?

英語や英会話を勉強するためには、単語の意味や発音を正しく理解する必要があります。そのために辞書は欠かせないアイテムですが、みなさんは普段、どのようなタイプの辞書を使っているのでしょうか。

分厚い紙の辞書をめくったり、電子辞書でスマートに検索したりと、方法はさまざまでしょう。そこで、今回は英語と英会話の勉強のために、どのような辞書を使っているのかアンケートで聞いてみました。

過去の間違いを思い出させてくれる?紙の辞書を引きまくろう!

英語の勉強をする時に使用する辞書は?

紙?デジタル?英語や英会話の勉強時に使う辞書はどんなタイプ?

アンケートでは、「紙の辞書」が最も多い結果となりました。

紙の辞書

  • 紙の辞書が一番覚えられそうだから。辞書に書いてある内容を調べるごとにノートに書き写すようにするとより理解が深まります。
  • (30代/男性/会社員)

  • 私が使っていたのは英英辞典です。ヒアリングのCDを2倍速で聞き、聞き慣れない言葉を雰囲気で感じ、その後、英英辞典を見るというのを繰り返しました。
  • (30代/男性/会社員)

  • すぐに調べるときは電子機器のほうがいい気もするが、以前調べたものをチェックするときなどには線を引くなどして苦手な単語を意識することもできるから。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 紙の辞書を引くことで、記憶に残りやすいから。調べた単語には印をつけておく。例文を参考にしてその単語の使い方を覚える。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 使い慣れているためです。わざと全ページをしわくちゃにして、めくり易くしています。
  • (40代/男性/無職)

時間がかかるとしても、紙の辞書でひとつずつ単語を拾い、意味を覚えたらマーキングをしてゆく。こうした積み重ねによって、どんどん辞書を引くスピードも早くなり、辞書が手放せなくなったという方も多いでしょう。

単語の意味がわからず辞書を引いてみると、過去に同じところを間違えたことを思い出し、苦手な単語をより深く記憶に刻みこんでくれるところが紙の辞書を使うメリットと言えそうです。

電子辞書なら単語も素早く学べる!便利な音声発音機能も!

2番目以降は電子辞書、インターネット、スマートフォンアプリの順となりました。

電子辞書

  • 電子辞書は軽いので持ち運びに便利で、早く調べることができるから。
  • (60代/女性/専業主婦)

  • 電子辞書だと英語の発音をしてくれるから便利です。それに繰り返して発音の練習をすると良い。
  • (20代/女性/専業主婦)

インターネット

  • 本をわざわざ買わなくてもネットで検索した方が早いし安いと思います。
  • (20代/女性/パートアルバイト)

  • 本来は紙の辞書がいいが、かさばるためインターネットで検索する。例文や、周辺知識も得やすいので活用している。
  • (20代/女性/パートアルバイト)

スマートフォンアプリ

  • いつでも、どこでも少し時間がある時にすぐ使える。空いた時間に、問題を出し合ってゲーム感覚で勉強できる。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 通勤時に勉強することが多く、辞書を片手にというわけにはいかないから。アプリの場合は発音も同時に確認できる。
  • (30代/男性/会社員)

電子辞書の魅力は瞬間的な速さで単語を調べられることです。単語の意味を確認すると同時に音声機能で発音まで学ぶことができるのは、紙の辞書にはない利点でしょう。

近年急速に発達を続けるインターネットが支持される理由は、手軽さに加えて「無料」であることも大きな要因です。世界中にあふれる知識を引っ張り出せば、参考になる覚え方も見つかりそうですね。

最も回答が少なかったスマートフォンアプリも、ゲームのような遊び感覚で続けられることができれば、のめり込むうちに単語を覚えられそうです。

じっくり学ぶなら紙の辞書!素早く楽しく学ぶならデジタル辞書!

英語や英会話学習に利用する辞書のタイプを聞いたアンケートでは、紙の辞書が最多回答となりました。

苦労して引き続けたらいつの間にか手に馴染んでいたり、過去の学習の跡を確認しながらじっくり学んだりすることができるのは紙ならではの特性でしょう。

辞書ではアナログな紙が人気となりましたが、素早く手軽に調べるには電子辞書やインターネット、楽しみながら覚えるにはスマートフォンアプリとデジタル機器も一定の人気があるようです。英語や英会話の上達が早まるように、それぞれの特徴を生かしながら勉強を頑張りましょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2016年04月11日~2016年04月25日
  • 有効回答数:227サンプル