海外旅行中、伝えたいことを英会話で表現できない・・対処法は!?

2016年8月13日(土)

海外旅行中、伝えたいことを英会話で表現できない・・対処法は!?

海外に旅行に行くなら、やっぱり英会話ができるほうが安心ですよね。ホテルや空港、土産店など、現地の人と話さなければならないシーンは少なくありません。

しかしそうはいっても、自分の英会話に自信が無い、という人は多いでしょう。

伝えたいことが上手く英語にできなかったり、話が相手に通じなかったりして困った経験のある方もいるはずです。こんな状況でも何かを伝えなければいけないとき、一体どうするのがベストなのでしょうか。

そこで今回は、「海外旅行中に伝えたいことを英語で表せないとき、どうするか」についてアンケートを取ってみました。

やっぱりお手軽なのはジェスチャー!紙に書くのもあり!?

アンケートの結果、「ジェスチャーと単語を使う」に次いで「絵や文字を書く」、「スマホの翻訳アプリを使う」といった回答が多いようです。

海外旅行中に、伝えたいことを表現することができない場合はどうしますか?

やっぱりお手軽なのはジェスチャー!紙に書くのもあり!?

  • 知っている限りの単語とジェスチャーです。「伝えたい」という気持ちがあれば伝わるものです。
  • (50代/女性/専業主婦)

  • ジェスチャーを付けて、知っている単語をとにかく言う。もはやジェスチャーゲームのようになるけれど、これが一番手っ取り早い。
  • (20代/女性/学生)

  • 知っている単語を使って、身振り手振りで何とか伝わるまで頑張ります。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 身振り手振りを駆使したり、紙に図などを書いて伝えようとします。
  • (30代/女性/無職)

  • 身振り手振りなど、ジェスチャーで伝えようとします。それで通じなければ筆談というか、お絵描きで伝えます。
  • (50代/男性/会社員)

  • 必ずメモ帳を持ち歩いて、伝わらないことは文字や絵で書いてコミュニケーションを取ります。電子辞書などで単語やフレーズを示すことも役に立ちます。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • iPhoneを使って翻訳アプリを使うか、単語を紙に書いて説明する。
  • (30代/男性/その他専門職)

  • スマートフォンの翻訳アプリを使用し、なんとかコミュニケーションを図ろうとします。
  • (40代/男性/会社員)

  • 電子辞書を持っていくようにしていますので、それを使っています。
  • (40代/男性/会社員)

  • 電子辞書に頼ります。会話の用例があったり、話してくれる機能が付いていることもあるので便利だと思います。
  • (20代/女性/パートアルバイト)

  • ツアーの添乗員に通訳を頼む。いないときは翻訳ソフトを利用してみる。
  • (40代/男性/会社員)

思い付いた時に体ひとつでできるジェチャーは、やはり多くの人が選んだ方法でした。さらに、知っている範囲で英単語を合わせることで、伝わりやすさは格段にアップするのではないでしょうか。

一方、伝える内容を絵や文字にするという意見も多数ありましたが、ジェスチャーをするのはちょっと恥ずかしい・筆記の英語や絵が得意、といった人にとっては、これはとても良い方法かもしれませんね。

現在大半の人が持っているスマホには翻訳アプリをインストールすることもできるので、旅行の時にこそこのような便利なものを利用してみるのも貴重な手段と言えるでしょう。

色々な方法はあるけれど・・大事なのは伝えようとする気持ち!

アンケートの結果、伝えたい事が英語で表現できない時、多くの人は「ジェスチャーと単語」を使うことが分かりました。何も持っていなくても手軽にできるという点が人気の理由のようです。「絵や文字を書く」という方法も有効で、特にジェスチャーが苦手な人は、常にメモ帳を携帯しておくと安心ではないでしょうか。また、翻訳アプリなど便利な機能がスマホに搭載できる現代では、以前よりもかなり楽に海外旅行が楽しめるようになったのかもしれません。

様々な手段はありますが、海外とはいえ真剣な気持ちで伝えようとすれば案外伝わるものです。相手が外国人だからと遠慮せずに、自分に合う方法で積極的にコミュニケーションを取りたいですよね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2016年02月09日~2016年02月20日
  • 有効回答数:230サンプル