英会話でもTPOはわきまえるべき!?どんな例文があるの?

2016年8月13日(土)

英会話でもTPOはわきまえるべき!?どんな例文があるの?

英会話を頑張って勉強している人は多いことでしょう。しかし英語を話す時、シチュエーションによって使い分けができている人はどのくらいいるのでしょうか?

普段日本語を話す場合でも、親しい人との会話と目上の人との会話では少し言葉遣いは違いますよね。同じように英語を話す際にもTPOをわきまえて会話しているかどうかについて、アンケートをとって聞いてみました。使い分けを考えるべきシチュエーションや例文などがあるのかどうか、見てみましょう。

相手との関係性や使う場によって使い分けを心がける人は多い!

あなたはTPOに応じた英語の使い分けを意識していますか?

あなたはTPOに応じた英語の使い分けを意識していますか?

アンケートでは、TPOに応じた使い分けをしている人の方がわずかに多いようでした。

  • 丁寧に越したことはないと思いますが、外国人の友人が多いので、ネイティブなフレーズは取り入れて話します。目上の人や仕事の時は、より丁寧に話します。このような時は、中学・高校の英語で習った文法が役立ちます。
  • (30代/女性/自由業・フリーランス)

  • 例えば友人とのカジュアルな場では、wantという単語を使うのに対し、クライアントや見知らぬ人との会話ではwould likeを使ったり、また相手との親密度によって感情をストレートに表現するか、少し遠回しに言うかなど、距離感に合わせて直球度を変えています。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 仕事で研究者と英会話をする時には、研究論文などでよく使われるような堅い英単語を使うようにしています。海外旅行で英会話をする時には、研究の場で使うような堅い英単語は使わず、発音が悪くても聞き取ってもらえるように平坦な英単語を使うようにしています。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • やはり友達と話すときとビジネスで話す時は全然違います。ビジネスで話すときはWouldを多く使います。ビジネスで距離を置いて話すのは英語も日本語も同じです。
  • (40代/男性/自由業)

  • 自然となるにはまだまだですが、なるべく使い分けたいという気はあります。
  • (30代/男性/会社員)

やはり目上の人やクライアントなどに対しては丁寧な喋り方や言葉の使い方を心がけているようです。その点では日本語での会話と同様だといえるでしょう。また専門家同士での会話と友人との会話では違ってくるというのも頷けますよね。

距離感に合わせて直球度を変えるという意見もあるように、相手との関係性がひとつのポイントなのかもしれません。

TPOに応じた使い分けができるほど英語力が無いという人も多い

一方で、使い分けを意識していないという人もほとんど変わらないくらいの数でした。

  • なんとか喋れるといった形のレベルなのでそこまで気を配れません。よって使い分けの余裕がないです。
  • (30代/女性/無職)

  • TPOによる使い分けは必要だと思うが、自分の英語の習熟度がそこまで達していない。伝えたいことを言葉にするだけで手いっぱい。
  • (50代/男性/会社員)

  • 使い分けられるほどの英会話能力があるとは、自分では思っていない。TPOよりも相手に正しく理解してもらうことが大事。
  • (30代/男性/自営業(個人事業主))

  • 使い分けできるほどの会話術がないから。また、相手がそれほど気にしていると思えないから。
  • (20代/男性/自営業(個人事業主))

  • 日本ほど言葉に気をつかわなくていいと思ってしまうから。目上の人に対する言葉、丁寧語など特に区別がないと思っているから。
  • (20代/女性/学生)

TPOに応じた使い分けを意識していないという人の中には、使い分けができるほどの英語力が無いという意識の人が多いようでした。

確かに十分な英語力が無いと使い分けができるほどの余裕が持てないというのも頷けますよね。また英語にはあまりTPOによる使い分けの区別が無いと考えている人や、相手が気にしてないという人も見受けられました。

ただ使い分けの必要性を感じている人も見受けられ、考え方は人によって多少違いもあるのではないでしょうか。

相手と場を考えて理解しやすい会話をすることが英語でも大切!?

アンケートではTPOに応じた英語の使い分けを意識しているという人がわずかに多いものの、ほとんど同じくらいの割合となりました。

実際人によっては使い分けができるレベルにまで達していないというケースも多いようです。しかし意識ができている人の意見を聞いてみると、日常的な友人との会話と仕事やフォーマルな場ではやはり対応の違う様子がうかがえました。相手との関係で共通するものも異なるのでしょう。

一方、海外旅行ではきちんと相手に聞き取ってもらえるような平坦な英単語を使うという回答も挙がっています。

そのように伝えたい内容を相手に理解してもらいやすい言葉の選び方、話し方をすることも大切なポイントのではないでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2016年02月09日~2016年02月20日
  • 有効回答数:230サンプル