英語をマスターしたい!英語をマスターする時に一番重要なのは?

2016年7月23日(土)

英語をマスターしたい!英語をマスターする時に一番重要なのは?

英語を完全にマスターするためには多くのことを覚えていかなければなりませんが、覚えるためには一番重要なことがあると言えるでしょう。

ただ漠然とした気持ちでは英語は身に付かないかもしれませんし、とにかく英語を覚えて誰かと話し続けることを繰り返すなど、何かコツがありそうです。

そこで今回のアンケートでは、「英語を覚えるために一番大事なことは何か」をうかがってみました。

英語を話す環境に身を置く?まずは話すことで覚えやすくなる?

アンケートの結果によると、ほとんどの人が英語で会話することが一番重要だと回答していました。

英語ができる人に聞きました!英語をマスターするために一番重要なものはなんだと思いますか?

  • とにかく会話すること。聞き取るだけなら文章を読むだけでもできるようになるが、話せるようになるには会話が必要。
  • (30代/男性/自営業(個人事業主))

  • できるだけネイティブの人と話すこと。できれば留学して英語づけの毎日を送るのが理想。話せて理解できないと生活できないため、必死になる。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • どんどんカタコトでもいいので英語を使うこと。それと、外人がいたら積極的に声をかけることだと思います。
  • (50代/男性/自由業・フリーランス)

  • 度胸を持って恥を捨ててとりあえず英語で話してみることです。英語ができないからって馬鹿にする外国人の方はいません。日本で外国人が日本語話せなくても恥ずかしいことではないのと同じです。
  • (30代/女性/公務員)

  • 毎日少しだけでもいいので、できる範囲にあることをしつこく継続することです。
  • (40代/男性/自営業(個人事業主))

  • 留学経験だと思います。本場で英語しか話せない場所に身を置くことが一番の英語上達の近道だと思うので。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 英語の基本である聴く事から練習します。次に英字新聞で目を慣らしていきます。
  • (60代/男性/無職)

  • たくさん英語をきいて、英語の学習からはなれないことが重要です。
  • (20代/女性/会社員)

英語を完全にマスターするためには臆病にならず、自分から積極的に英語で話すようにすることで覚えられると言えるでしょう。

どんなにカタコトの英語であっても外国人はバカにせずに聞いてくれるかもしれませんし、こちらから英語が常に飛び交う環境に身を置くことで自然と英語をマスターできるようになるかもしれません。

単語の意味や文法などを覚えるのも重要ではありますが、いざという時スムーズに話せない場合もあるので、他のことを覚えつつとにかく英語で話すことを心がけるのが重要なのではないでしょうか。

どんなに話せなくても必死になって話そうとすることで学べる?

今回のアンケート結果では、ほとんどの人が英語をマスターするためには英語を話す環境に身を置くことが重要だと言っていることが分かる結果でした。

どんなに文法や単語の意味などが分かっていても、いざ話す時に困るようでは意味がないので、とにかく英語を話す環境に身を置くことが重要だと言えるでしょう。

英語を話す機会が多くなれば必死に英語を覚えようとするでしょうし、自然と英語が話せるようになるかもしれません。

話せないと思って諦めるのではなく、積極的になって覚えようとすることが重要になりそうです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年11月10日~2015年12月01日
  • 有効回答数:117サンプル