英会話が必要な時!英語を話すことができたと感じた瞬間は?

2016年7月23日(土)

英会話が必要な時!英語を話すことができたと感じた瞬間は?

英語の勉強は様々な単語や文法、意味など多様に学ぶ必要性があるので大変ですが、話すことができたと感じた瞬間は自分に自信が持てるきっかけにもなり得るでしょう。

流暢に話すことはできなくても何とか相手との会話が成立したり、しっかりとした挨拶が返せるようになったりなど様々な段階がありそうです。

そこで今回のアンケートでは、相手と英会話ができると感じた段階はどんなものかうかがってみました。

カタコトでも会話が成立している?上手くなくても話せればいい!

あなたの思う英語が話せるようになったと感じる段階を教えて下さい。

あなたの思う英語が話せるようになったと感じる段階を教えて下さい。

アンケートの結果によると、約7割の人がカタコトだけど何気ない会話ができる段階だと回答していました。

カタコトだけど何気ない会話ができる

  • 相手と英語で会話できれば、ゆっくりでも言いたいことが言えて、聞き取ることもできるということだと思うので、これが話せるようになることだと思います。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 海外でやっていけるのはどれくらいだろうと思い留学してことがあるが、流暢とは行かなくても外国人は理解してくれるしとにかく話してみるという心があれば大丈夫なことに気がついたから。
  • (20代/女性/学生)

  • 日本語での日常会話が必ずしも文法的に正確ではないように、カタコトであっても明確に意図が伝わり、会話が成立するのであれば、それは「英語が話せる」ということであると考えられるから。
  • (20代/男性/会社役員)

  • 片言ではないが、流暢でもない他愛もない日常会話ができるので、外国人との会話には然程困らない。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • まずは、カタコトで英語で通じたら、とりあえず会話はできんので慣れてきたらさらに上を目指けばいいと思います。
  • (50代/男性/自由業)

流暢な会話ができなかったとしても、カタコトでも相手が理解しようとしてくれれば何とか会話ができると言えるようです。

どんなにゆっくりでも相手が話す英語が聞き取れ、言いたいことが伝わると会話が成立するので英語を話していると感じるのかもしれません。

たとえ正確な文法でなくとも要点を押さえ、積極的に会話を続けることで会話が成立することになりそうです。

流暢に話すのはもちろん、必要最低限の挨拶が返せる程度で良い?

そして次に多かった回答が挨拶くらいは返せるというものであり、次いで流暢な発音で思いっきり話すことができる、簡単な自己紹介ができるとの順に回答していました。

挨拶くらいは返せる

  • 多少の英語しか話せませんが、ハワイがグアム、韓国などの観光地であれば、多少の英語か身振り手振りで通じるので、たくさん英語を話せるような気になってきます。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 挨拶ができないと話ができないし話が進んでいかないと思います。話すきっかけの最初に挨拶が多いです。
  • (30代/男性/自由業・フリーランス)

流暢な発音で思いっきり話すことができる

  • 2年間カナダへ留学していたので、それなりの日常生活の会話はできるし、普通にコミュニケーションも取れる。
  • (20代/女性/公務員)

  • 英字新聞の記事を要約し発表する練習を暫く続けていましたら、突然自然に話せる様になりました。
  • (60代/男性/無職)

簡単な自己紹介ができる

  • 最初は誰でも自己紹介くらいから始めると思いますが、やっと人前でスムーズにできるようになると一歩前進した気持ちになります。
  • (30代/男性/会社員)

  • 簡単な自己紹介ができると、少しは日常に必要な英語力をマスターしたのではないかと思うから。
  • (20代/男性/学生)

会話が成立するレベルでなくとも必要最低限の英語が伝われば、あとは身振り手振りを交えることで挨拶ができるかもしれません。

挨拶が返せないとその後の会話上手くいかなくなる恐れがあるでしょうし、スムーズに自己紹介ができるようになると英語で話せている気分になりそうです。

常に英語が飛び交う環境に身を置くことで自然と英語が流暢になっていくのではないでしょうか。

たとえ流暢でなくとも、相手と最低限の会話ができれば楽しい?

今回のアンケート結果では半分以上の人がカタコトでも相手と何気ない会話ができることで話せるようになったと思うようですが、その他の段階で話せると思った人も少なからずいるということがうかがえました。

流暢に話すことができれば満足に会話ができるでしょうが、たとえカタコトでも相手がその意味を理解して話してくれるようになると英語で会話していると感じるのかもしれません。

必要最低限の挨拶や自己紹介ができれば、その後の会話も何とか続けられそうです。話しかけられても決して焦らず、ゆっくりでも良いので相手と会話する意志が必要になると言えるでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年11月10日~2015年12月01日
  • 有効回答数:109サンプル