英語を話せるようになるために重視したい学習法は?

2016年7月23日(土)

英語を話せるようになるために重視したい学習法は?

みなさんは、今まで仕事やプライベートで英語が必要となった経験はありますか。

英語圏への出張や旅行、留学といった目的があり、できれば短期間で上達したいという思いを持っている方も多いでしょうが、中にはどこから手をつけたらわからないと悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方向けに、今回は英語が話せるようになるためにはどんな点を重視して学習すれば良いのか、アンケートで回答を募ってみました。

日常生活に英語を取り入れながら生活すると効果的?

英語が話せるようにするためには、何を重視して学習したらいいと思いますか?

英語が話せるようにするためには、何を重視して学習したらいいと思いますか?

アンケートで最も多かった回答は「英語に触れる機会を増やす」でした。

英語に触れる機会を増やす

  • 英語に触れる機会を増やせば自ずと語彙も増えていき、文法も確かなものになると思います。そのためには英語圏の友人を作ればいいと思います。SNSでもいいので文章のやり取りをし、ビデオ通話も効果的だと思います。友人との話しはよく耳に残るので生きた英語が身に付くと思います。
  • (10代/男性/学生)

  • 英単語や教材を使った学習ではなく、外国人と英語でコミュニケーションをとることが一番の上達の近道です。
  • (40代/男性/自営業(個人事業主))

  • まずは喋るに越した事はないと思うので、自ら英語の中に飛び込み喋る機会をたくさん設けることが1番の方法だと思う。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • どんなに文法や単語を学んでも、生きた英語に触れない限り、話せるようにはならないと思います。一番いいのは、海外でホームステイするなど、英語しか聞こえてこない状況で暮らすことです。または、外国人のパートナーと付き合うなど。
  • (40代/男性/会社員)

  • 洋画などを見たりして、実際に英語を聞いて耳に慣らせるのがいいと思うから。
  • (20代/女性/無職)

  • とにかく日本語に逃げてしまうので、英語だけの時間を作っていくようにする。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

日常生活の随所に英語を取り入れながら暮らせば、参考書には無い実践的な英語が身に付き、自然と語彙も増え聞き取り能力も高まるかもしれません。

例えば、家ではBBCラジオを付けっぱなしにしたり、街の外国人パブに出かけて積極的に話しかけて友人を作ってみたりと、能動的に英語に接する機会を増やしてゆくことが上達の近道となるでしょう。

恥ずかしさを乗り越えて外国人に話しかけてみよう!

その他を除いた2番目以降の回答は「恥ずかしがらずに話す」「語彙を増やす」「よい教材を選ぶ」の順となりました。

恥ずかしがらずに話す

  • 文法上多少の間違いがあっても、きちんと話そうという気持ちがあれば伝わるし、相手におおよその意味は理解してもらえるから。また、いくらインプット量を多くしても、話すというアウトプットの作業をしなければ、文法事項も語彙も定着しないと思うから。
  • (20代/女性/学生)

  • 自分から話さないと、語学の壁はなくならないと思う。話すことで、覚えていくことも多い。自分から話さないと、語学の壁はなくならないと思う。話すことで、覚えていくことも多い。
  • (30代/女性/専業主婦)

語彙を増やす

  • 最終的に言いたいことを伝えるためには語彙力が必要です。語彙を増やしてそれを並べることで言いたいことは伝わります。
  • (40代/男性/会社員)

  • 基本的な文法を覚えても、数多くの単語を知っていなければ会話はできないから。
  • (30代/男性/会社員)

よい教材を選ぶ

  • やはりわかりやすいものだと理解のスピードも早まるのでこれを選択させていただきました。
  • (10代/男性/学生)

  • 教材から習う事が多くあるので、教材の選定に時間をかけて良いのを選びます。
  • (30代/男性/会社員)

つたない英語で話しかけて、笑われたら恥ずかしいと思う方は多いでしょう。そんな感情を乗り越え、思い切って外国人に話しかけることができれば、何よりも大きな経験となるのではないでしょうか。

たとえ文法が破綻していたとしても、一つ一つの単語が正確であれば相手も意図を読み取ってくれるので、意思を伝えるためにも語彙は増やして損はありません。

教材は初歩的過ぎても飽きますし、難し過ぎても理解できません。自身のレベルにあった選択ができるよう時間をかけて選びたいところです。

英語を話して果敢に挑戦する姿勢も育てよう!

英語が話せるようになるために学習で重視したいのは、「英語に触れる機会を増やすこと」が最も多くの支持を得ました。

勉強というよりも、生活の一部のように英語を身近な存在として受け入れられる人が、上達へのステップを効率良く駆け上がれるのでしょう。

一方、「恥ずかしがらずに話す」の回答が二番目に多かったことも、日本人らしい内向的な気質が端的に表れています。

ただ、最初から何でもうまくできる人などいません。グローバルに活躍できる人材となるためにも、たくさん英語で話しかけることで果敢に挑戦する姿勢も同時に育てていきましょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年11月10日~2015年12月01日
  • 有効回答数:173サンプル