必須になりつつある英語力上達のコツとは?

2016年7月9日(土)

必須になりつつある英語力上達のコツとは?

小学校の英語教科が必修となった今の時代、学生時代はもちろん、社会に出てもその英語力を求められることが多くなりました。学生のうちからTOEICなどの資格を取得するため、または働きたい企業に就職するために英語を学習しているという人も多いことでしょう。

しかし、自分が普段話している言葉以外の語学を学習するというのは難しいものですよね。

そこで今回は、英語が上達するためのコツについてアンケートを行いました。

怖がらずにとにかく話す!映画やドラマも良い勉強に?

アンケートの結果、怖がらずにとにかく英語で話してみるという意見が多く挙げられました。また、英語主体の映画やドラマなども英語の勉強として適しているようです。

あなたが思う「英語力を上達させる意外なコツ」はありますか?

  • 学校で習う程度の英語力と外国人とぶっつけ本番で会話することです。そうしたら話すべき文法や必要な英単語が自然と理解できるので上達します。
  • (20代/女性/パートアルバイト)

  • 外国の人と積極的にコミュニケーションを取るようにすることがコツです。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 外国人とチャットをすると、スペルの確認や、知らない単語を見る機会が多くなり勉強になります。
  • (20代/男性/契約派遣社員)

  • なるべく日常の中でも英語に触れるように意識する。海外の映画やドラマを見るにしても、英語のタイトルを確認したり、吹き替えでなく字幕で、可能であれば英語字幕でみるなどする。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 映画を見るときは字幕を隠して英語で見る。間違っていても聞こえたとおりに発音してみる。とにかく喋る。
  • (30代/女性/自営業(個人事業主))

  • 地道にコツコツと様々なセンテンス教科書のCDを使いネイティブスピーカーの発音を聞きながらしっかり声に出してスピーチしながら記憶する事です。これをやるだけで、しっかりとした英語の基礎が出来て、英語が上達する事まちがいなし。
  • (60代/男性/契約派遣社員)

  • 意外なコツはありません。英語は覚えて忘れての繰り返しです。毎日やるしかないです。
  • (40代/男性/自由業)

英語上達のためには英語圏の方と触れ合うのがもっとも効果的だと考えられていることがわかりました。英語に自信が無くても、現地の人と話す機会を増やすことで英語に慣れ、英語を話すための自身がつくみたいですね。

また、英語の映画やドラマなどを視聴するのも良い学習法のひとつだという意見が挙げられました。アンケートからもわかるように、日本語吹き替えを使わず、原語音声や字幕で楽しむことで、映画やドラマを鑑賞しながら英語を学習できるようです。

抵抗がある人はまず字幕のみ英語で鑑賞、その後英語音声と英語字幕など、徐々にステップアップしていくことで楽しく英語を学習できるかもしれませんね。

普段から英語に触れることが大切!

今回のアンケートでは、英語力上達のための意外なコツについて聞いてみました。

その結果、英語圏の方と英語で話してみるという意見が多く挙げられました。英単語や文法とにらめっこして英語を学ぶことも大切ですが、実際に外国人の人と話す機会を設けることでより効果的に英語を学習できるようです。

また、映画やドラマなどを英語音声、英語字幕で鑑賞するのも良い勉強法のひとつのようです。

習得するのが難しい英語力ですが、小さな努力の積み重ねで少しずつ上達の糸口が見えてくるでしょう。人と話す、英語を見る・聞くなど、普段から英語に耳を慣れさせ、英語に対する抵抗を無くすことが英語力アップの近道かもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年12月09日~2015年12月23日
  • 有効回答数:250サンプル