国際社会を相手にした時、最も必要なスキルとなる英語力とは?

2016年7月9日(土)

国際社会を相手にした時、最も必要なスキルとなる英語力とは?

ひとくちに英語力と言っても、文章を読むときはリーディング力、プレゼンテーションを行うときはスピーキング力といった風に、英語と触れ合う状況によって、求められる英語力のタイプも異なってきます。

英語が国際公用語となる時代の中で、仕事などの分野で様々な国の人々を相手にしたときに通用するためには、どのタイプのスキルが求められるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、国際社会で通用するためには英語力の中でもどのスキルが最も重要かという問いで、実際の声を聞いてみました。

「考えをはっきり伝えるために必要なスキル」が最も多い回答に

回答の結果、英語で言葉を話すためのスキルである「スピーキング力」が、最も多く票を得る結果となりました。

国際社会で通用するために、英語力の中でも一番重要だと思うスキルはどれだと思いますか?

国際社会で通用するために、英語力の中でも一番重要だと思うスキルはどれだと思いますか?

スピーキング力

  • 海外では自己主張が強い方が多いので、単に英語が理解できるだけでなく自分の意見をきちんと伝えられるよう話す力が1番大事だと思う。
  • (20代/女性/専業主婦)

  • 国際社会の中で活躍するには自分の意見を相手にはっきりと伝えることのできる能力が必要だと思うから。
  • (10代/男性/学生)

  • 自分の思っていることを相手にしっかりと伝えることが、円滑なコミュニケーションを産むことができるからです。
  • (30代/女性/無職)

  • 読む能力と話す能力は全然別物なので。中学、高校で英語を学んでもとっさに喋れるのはサンキュー、ハローくらいしかとっさに喋ることができないので。
  • (40代/女性/自由業・フリーランス)

  • 国際社会では、自分の意見を主張できないと欠席と同じ扱いをされるからです。
  • (40代/男性/会社員)

  • 日常会話だけでなく様々な場面で相手に自分の意志をはっきり伝えることが重要だから。
  • (10代/男性/学生)

回答理由として寄せられたコメントでは、国際社会の中で自らの意見をはっきりと伝えることの重要性に言及する意見が多く挙げられました。

国際社会では異なる意見にも臆せずに自らの意見をはっきりと伝えられるスキルが重要と言われており、和を重んじる傾向にある日本人はその点では優秀とは言えないとも言われています。

違う国籍の人々を相手にした時に、自分の感じたこと、自分の思っていることをはっきりと言葉にして伝えられるようにするために、スピーキング能力を磨いておくことが重要だと考える方が多いことも頷けますよね。

多くの方が重視した、「コミュニケーションのとり方」という問題

回答の結果、「その他」を除くと、「スピーキング力」に次いで「リスニング力」、「リーディング力」、「資格などの肩書(能力問わず)」の順に票が集まる結果となりました。

リスニング力

  • 英語の聞き取りができなければ、コミュニケーションにおいて先に進めないと思うからです。
  • (50代/女性/専業主婦)

  • 相手の話を聞き取れなければコミュニケーションが成立しないから。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 話せなくてもジェスチャーなどで相手に伝えることができるが、相手の言葉を理解することができなければ会話はなりたたないから。
  • (20代/女性/無職)

リーディング力

  • 表面的な軽い交流ならブロークンでも平気かもしれませんが、大事な書面を読解できる底力がないと、「通用する」ということにはならないから。
  • (40代/女性/無職)

  • とにかく相手が伝えたいことを読み取る力が一番だと思いました。リスニングも大事ですが、文章に直してもらえるのと、公式での回答は文書が多いのでリーディング力が一番だと思います。
  • (30代/男性/会社員)

資格などの肩書(能力問わず)

  • 国際社会の場合には肩書があれば通訳をつかうこともできるし、発言力もあるから。
  • (40代/女性/その他専門職)

回答理由として寄せられたコメントでは、国際社会でいかに他者とコミュニケーションを取るかという問題を重要視する意見が多く挙げられたようです。

リスニング力と回答した方は会話の中で相手の言葉を理解できるスキルを重視していますし、リーディング力と回答した方は文章を媒介にしたやりとりで使える英語力を、肩書と回答した方は国際社会に出た時自己紹介に使える個性を重視しているといえます。

基本外国人を相手にする国際社会では、多くの人が「まずどのようにコミュニケーションを取るか」という問題を重視するのも当然かもしれません。

国際社会の人々と問題なくやりとりを行うための学び方を考えよう

自らの意見を堂々と伝えるために使えるスピーキング力に最も多く票が入ったこと、それ以外の項目への回答も、相手とのコミュニケーションの取り方を特に重視したことを理由とするものが多かったことなどから考えて、多くの人々は国際社会で通用するためには、様々な国の人々と問題なくコミュニケーションを取れるための英語力が必要と考えているようです。

将来国際社会で仕事などをするために英語を学びたいと考えている方は、外国の方とコミュニケーションを取る際に英語力の中でどのスキルが必要かを考えた上で、自分が最善と思える学び方を考えてみてはいかがでしょうか?

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年12月09日~2015年12月23日
  • 有効回答数:200サンプル