人生で英語の勉強を一番頑張ったのは、いつ?

2016年1月30日(土)

人生で英語の勉強を一番頑張ったのは、いつ?

英語は中学校では義務教育ですから、誰もが一度は受けたことのある教科ですよね。日本では日本語の次に良く使われる言語なので、興味を持って勉強に取り組んだ人も多いのではないでしょうか。また受験や仕事で必要にせまられたことがある人もいるでしょう。そんな英語の勉強ですが、人によって頑張った時期は違うと思います。

そこで全国の男女100名を対象に、いつ最も英語の勉強をしたかアンケートを取って調べてみました。

一番勉強をしたのは中学時代。受験と好奇心が理由

アンケートの結果、4割近くの人が「中学時代」に一番英語を勉強したということが分かりました。

英語を一番勉強した時期は?

人生で英語の勉強を一番頑張ったのは、いつ?

  • 義務的ではありますが、初めての英語授業で楽しかったのを覚えています。自分から進んで授業を受けていた時期です。
  • (20代/女性/専業主婦)

  • 高校受験のために、放課後英語教室に通い、英語検定なども受けていました。
  • (20代/女性/学生)

  • 一番英語に興味を持った時期でした。勉強して楽しかった時期でもありました。知らなかった単語を知るだけで面白かった。だからあの時期にヒアリングを重視した授業をやってもらえればよかった。英語塾なんて最近できたものばかり。経済的時間的に余裕がなくなったときに出来始めるのは残念。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 高校受験に備えて、今までの人生で最も沢山英語を勉強しました。
  • (30代/女性/専業主婦)

  • 必要に迫られた受験勉強のため取り組んでいた時期が語学を受け入れやすかったと思う。
  • (50代/男性/無職)

中学時代と回答した理由について、初めての英語の勉強が楽しかった、受験勉強で取り組んだという意見が見られました。まだ目新しいことが沢山あり、好奇心旺盛な中学時代にとって英語は楽しいと感じられる勉強だったようです。知的探究心を持って取り組むことで、英語ができるようになることに感動もあったのではないでしょうか。

また一方で受験勉強のためという理由からは、目標に向かって頑張ったということが見受けられます。中学時代はひたむきに勉強を頑張れる時期のようです。

大学合格を目指して。高校時代に頑張った人も多数。

次に多かったのが「高校時代」という結果になり、1位の中学時代と近差でした。続いて社会人、大学生という順番になりました。

高校時代

  • 大学受験という大きな壁を乗り越えるために、一番勉強した時期だと思います。
  • (10代/男性/学生)

  • 苦手な英語を大学受験のために嫌というほど勉強しました。大学に入ったらすぐ忘れてしまいましたが。
  • (20代/女性/学生)

  • 大学受験のために。英語は試験の配点が高い場合が多かったので勉強しました。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 英文科を希望していたこともあり、高校3年の大学受験期に一番勉強しました。
  • (40代/女性/自由業・フリーランス)

社会人

  • 海外の取引先と交渉するために現在でも英語を勉強している最中です
  • (30代/男性/自営業(個人事業主))

  • 外資系の会社に入ったので、社会人として勉強する機会があった。
  • (50代/男性/会社員)

  • 大人になって海外へ何度か行く機会があり、やはり英語は必要だと痛感したからです。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 大学合格目指し、入学試験対策として、苦手の英語の受験勉強をした。その後社会人としてアメリカに駐在となり、ビジネスや日常生活、アメリカしか知らない地元の人と話すようになり、必死で勉強した。その日の会話の印象に残る英語表現をノートに記録し、次回機会あれは使った。
  • (60代/男性/無職)

大学時代

  • アメリカに留学していたので、大学生時代は本当に英語をたくさん勉強しました。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 高校を卒業した後に語学留学でカナダに行った時、そこのカレッジで人生で一番英語を勉強しました。
  • (20代/女性/無職)

  • 英語の教員免許取得のため、全英文の専門書を読み込むなど、一生懸命頑張りました。
  • (30代/女性/会社員)

  • 講義の半分ほどが英語で授業が、行われていたため。英語ができなければ単位が取れなかった。
  • (20代/女性/会社員)

高校時代という理由のほとんどが、大学受験のためでした。最近は大学入試で英語がほぼ必須のため、大学に受かるために必死で勉強した人が多いことが分かります。英語が楽しくて勉強したというよりは、合格のために必要だから勉強をした人が多かったようです。

社会人と回答した人の理由には、海外に行く時に必要になったからや、仕事で使うからという意見が見られました。必要に迫られて勉強をしていることがうかがえます。

また大学生という回答には、海外の大学に行っていた、大学の講義が英語だったという理由が挙がっており、海外はもちろん日本の大学でも英語が必要になってきていることがうかがえました。

学校でも社会でも英語の必要性が高まっている

アンケートの結果から、受験や大学の講義、社会人になってから仕事や海外に行く際に必要になったなど必要に迫られてという理由が多いことが分かりました。学校や仕事において英語がどんどん必要になってきていることがうかがえます。

しかし、勉強は義務的にすると辛いものです。中学時代と答えた人の理由に、初めての英語の勉強が楽しかったから沢山勉強できたという意見が多数あったことから、興味を持って取り組むのが一番良い勉強方法と言えるようです。洋楽を聞いたり好きなジャンルの洋書を読んだりするなど、自分が楽しめる方法で英語学習に取り組めると良いですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年08月19日~2015年09月02日
  • 有効回答数:100サンプル