必見!仕事で試される英語の力とは?

2016年1月30日(土)

必見!仕事で試される英語の力とは?

今、英語は仕事をする上で最も必要とされている言語のひとつです。街では外国人の方を見かける機会も増え、その需要はますます高まっていることでしょう。しかし一言で英語と言っても読む力や書く力、聞き取る力等、その種別は様々なものがあります。

そこで今回は仕事において必要とされている英語の力はどの様なものなのか、アンケート調査をしてみました。

やはり英語を話せることで得をする

アンケートの結果、「スピーキング力」が最も票を集める結果となりました。

仕事で求められる英語の能力は?

必見!仕事で試される英語の力とは?

  • 仕事は、ビジネスです。ビジネスは、自分の意見を堂々とプレゼンしないといけません。なので、絶対にスピーキング力が必要だと思います。
  • (40代/女性/会社員)

  • 優先順位からすると、コミュニケーション力が最も大切なので、スピーキング力です。
  • (40代/男性/会社員)

  • 基本的には、会話能力なので、スピーキングとヒアリング両方ですが、プレゼンテーションが多いのであえて選ぶとスピーキング力です。
  • (50代/男性/会社員)

  • 相手の言いたいことが聞き取れることはたまにあるのだが、それに対して答えることができないことが多々あるため。
  • (20代/女性/会社員)

仕事という観点からみると、コミュニケーション能力やプレゼン能力が重要であるという点からスピーキング力を推す声が多い様です。確かに相手の言葉を理解できたとしても、こちらの意見を伝えられなければ仕事はしにくくなります。また英語をまずは話せるようになることで、聞く・読む・書く能力も高まるといった回答もありました。

ヒアリング力もあれば更に良し

アンケートの結果、スピーキング力に次いで、「ヒアリング力」、「リーディング力」、「ライティング力」といった順となりました。

ヒアリング力

  • 仕事で求められる英語の能力はまずは、ヒアリング力でしょうね、相手の言うことがわからないと話しにならないです。
  • (30代/男性/会社員)

  • 相手が何を望んでいるのかがわからないと仕事にもならないからです。
  • (30代/女性/会社員)

  • 日本の仕事でもそうですが、まずは、相手の話を聞くことが大切だと思います。自分の一方的な会話では、相手が理解しているのか分からないため、傾聴が重要だと思います。
  • (40代/男性/会社員)

  • 海外から電話がかかってきた時に理解出来ないと先には進めない。担当者に変わることも出来ないので、一番必要だと思います。
  • (20代/女性/会社員)

リーディング力

  • 職種にもよると思いますが、自分の場合は英文の論文を読んだり、英語でのメールのやりとりが多い為。電話でのやりとりは、専門用語同士なので何とかなる。
  • (40代/男性/会社員)

  • 主に、海外とやりとりする仕事は、書類のやりとりがメインの仕事が多く、書類の内容を理解した上での取り引きなどが良くあります。ですので、まずは、リーディング能力が不可欠なのではないでしょうか。
  • (20代/女性/会社員)

  • 相手から出される契約書などの書類をもとに決定を下す。つまり契約書の文面の内容を正しく理解ができなければ大変なことになってしまうから。相手から出される契約書などの書類をもとに決定を下す。つまり契約書の文面の内容を正しく理解ができなければ大変なことになってしまうから。
  • (40代/男性/会社員)

  • 輸入貿易事務を担当し、英文の書類と接する機会は多いので、リーディング力は必要です。こちらから英文書類を作成することはほとんど無く、輸入先とのやり取りは通訳を介し、日本語で行っているため、会話力は必要とされていません。
  • (30代/女性/会社員)

ライティング力

  • 最低でも筆談出来れば、相手との意志疎通は何とか図れるのと、ライディングが出来ないとレポートすら書けないからお話にならないと思います。
  • (50代/男性/会社員)

  • メールや文書でのやり取りが多いと思うので、ライティング力が重要であると思います。
  • (50代/男性/会社員)

  • 読んだり聞いたり話すのは何とかなるけど、書く力は正しい文法で書かないと相手にされないから。
  • (50代/女性/会社員)

  • 書面にまとめ、他の人に伝える能力が必要だと思うので、ライティング力が大切だと思う。
  • (30代/女性/会社員)

スピーキング力とほぼ同程度の方が、ヒアリング力が大事であると回答したことからもわかるように、多くの方がその重要性を感じているようです。 スピーキング力を最も大事だと挙げる方は、仕事において双方向のコミュニケーションを重視する傾向にあるといえます。相手の言葉をしっかりと理解することは、より密度の濃いコミュニケーションに繋がります。 また、契約書を読む力やレポートを書く力を重視する等の回答もあり、仕事で重要視する部分は人によって様々なようです。

大切なのは相互会話を中心としたコミュニケーション能力!

アンケートの結果、仕事上の英語に対して様々な意見があることがわかりました。その中でも一様に重要視されていたものが相手とのコミュニケーションでした。アンケート回答の大半を占めたスピーキング力やヒアリング力ですが、どちらも相手とのコミュニケーションをとるための手段です。そしてその点においてはその他の回答も同じく、コミュニケーションのためのひとつの手段といえます。

話し・聞き・読み・書くといった事柄を偏り無く、バランスよくこなせることが、より良いコミュニケーションを取る近道かもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【職業】会社員
  • 調査期間:2015年08月19日~2015年09月02日
  • 有効回答数:100サンプル