海外旅行・留学経験者に聞く!海外と日本の違いとは?

2015年10月13日(火)

海外旅行・留学経験者に聞く!海外と日本の違いとは?

「カルチャーショック」という言葉があるように、外国では人々の価値観や社会でのルール、マナー等の文化が日本とは大きく異なります。海外旅行や留学で実際に海外へ行った人であれば、海外と日本文化の異なる点を具体的に説明できるのではないでしょうか。そこで今回は、海外旅行、留学を行ったことがある方を対象に、旅行先、留学先で感じた日本との違いは何ですか?という質問でアンケートを取ってみました。

特に「コミュニケーション」における違いが大きい!

アンケートの結果で特に目立ったのは、日本人と外国人のコミュニケーションの違いでした。

海外旅行・留学に行って感じた日本との違いは何ですか?

  • 失敗を恐れずに自分の意見を積極的にアピールするのが常識なこと。
  • (30代/男性/自営業(個人事業主))

  • レディファーストの習慣や、ドアを次の人のために開けておく、など周囲の人に対する気配りは、意外と日本よりも海外の方が徹底されていると思いました。
  • (40代/女性/専業主婦)

  • 日本人はコミュニケーションを自ら取るのは苦手だということを海外へ行って、より一層感じました。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 日本人は相手の言うことを理解しようとするが、外国人は自分の言うことを理解してもらおうとする。
  • (50代/女性/専業主婦)

  • 日本人は遠慮したり曖昧に言葉を濁したりしがちだが、海外の人は遠慮せずハッキリ言うし、自分は自分だという意識がとても強く自立している人が多いと感じた。
  • (30代/女性/パートアルバイト)

  • 人の優しさ、あったかさ、思いやり、おもてなしの心が日本の方が断然あると感じました。
  • (40代/女性/専業主婦)

回答で目立ったのは、他人とコミュニケーションする時に、外国人は日本人に比べて自分の意見を積極的に言ったり、自分のやりたいことを実行するのに遠慮がなかったりするため、自己主張が激しいという意見でした。その特徴に関しては気さくに声をかけてくれるという利点を挙げる意見もあれば、謙遜することがないという欠点をあげる意見もありました。

また反対に、日本人のコミュニケーションにおける受動的な態度に気付かされたというという意見もありました。そして日本人は優しさ、思いやりがあるという利点を挙げる意見もあれば、コミュニケーションを主体的にとるのが苦手だという欠点をあげる意見もありました。

自己主張が強い外国の人々とコミュニケーションをとるためには?

上記のアンケートでもわかるように海外では自己主張の強い人々が日本よりもずっと多いですが、こういった国々では状況によっては日本で行う相手を尊重するコミュニケーションの取り方では通用しない場合があるかもしれません。海外でのコミュニケーション方法を身に付けるためには、ネイティブ教師から徹底的にコミュニケーション方法を学ぶ、英語合宿をリーズナブルな費用で行っている英会話スクールも存在しています。現地でも通用するような語学力と、現地の文化に沿ったコミュニケーション能力を身に付けたいという方は、英語合宿への参加を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年07月08日~2015年07月22日
  • 有効回答数:100サンプル